DIGISTYLE KYOTO

KYOTO EVENTS京都イベント情報「京イベント」

Translate this page :

京都のイベント情報TOPへ戻る >

京都文化博物館 京都祇園祭 ―町衆の情熱・山鉾の風流(ふりゅう)―

2020/03/24 ~ 2020/05/17

祇園祭の源泉は、遠く千年以上前の平安時代中期にさかのぼり、都の安寧を脅かす疫神の退散を願った祭儀に由来するとされている。それから幾多の年月を経て行く中で、祭礼にはさまざまな変化がもたらされるが、今からおよそ七百年前には山や鉾の姿が祇園祭に登場するようになる。その背景にあったのは「風流(ふりゅう)」と呼ばれた当時の美意識の高まりだった。
風流とは、人びとを驚かせるような華やかな趣向を凝らすことを指すが、祇園祭の行列をにぎやかな踊りや音曲で囃し美しい装飾が施された山や鉾が往来する様相は、沿道に繰り出す観衆を大いに熱狂させた。そして、その担い手となったのは、後に町衆と総称される都の経済を支えた商工業者たちであった。彼らの情熱は、風流の気風にのって祇園祭の山鉾巡行をより盛大なものへと成長させてゆき、現在の祭礼の姿ヘと連なるいしずえを作り上げていく。
そして、戦乱の時代を経て江戸時代へと世の中が移り変わってゆくと、祇園祭もまた新たな段階へと変化してゆく。かつては毎年のように作り替えられていた祇園祭の山鉾の趣向は様式化が進むが、その一方で本体に飾られる装飾品はより豪華なものへと発展してゆく。町衆の中に受け継がれた風流の心意気は、都の経済成長と技術革新に支えられ、その文化力の影響を活かしながら、山鉾に工芸美を追求した姿を反映させてゆく。西陣に代表される京の染織技術の発展の成果を応用した懸装品や、都の金工師らによる職人技をふんだんに盛り込んだ美しい飾金具、そして京都で活躍した一流の絵師たちが山鉾に描いた作品など、町衆が注入したその情熱は、祇園祭の山鉾を「動く美術館」と称されるまでに高めていった。
この展覧会は、祇園祭の山鉾に込められた人びとの思いがテーマとなっている。日本を代表する祭りとして世界に認められた京都祇園祭。その山鉾巡行の真髄は華麗な装飾を体現させ受け継いできた人びとの心にある。ここに結集した山鉾の美の姿をご堪能いただければ幸いである。

京都文化博物館 京都祇園祭 ―町衆の情熱・山鉾の風流(ふりゅう)―

イベント詳細

会場 京都文化博物館 4階特別展示室・3階総合展示室
日時 2020/3/24(火)~5/17(日)
【前期】3/24(火)〜4/19(日)
【後期】 4/21(火)〜5/17(日)
開室時間…10:00~18:00/金曜日は19:30まで(入室はそれぞれ30分前まで)
住所 京都市中京区三条高倉
交通 市営地下鉄「烏丸御池駅」下車、5番出口から三条通りを東へ徒歩約3分
阪急「烏丸駅」下車、16番出口から高倉通りを北へ徒歩約7分
京阪「三条駅」下車、6番出口から三条通りを西へ徒歩約15分
JRまたは近鉄「京都駅」から地下鉄へ
市バス「堺町御池」下車、徒歩約2分
駐車場 なし
料金 一般1,500(1,300)円 大高生1,100(900)円 中小生500円(300)円 ペアチケット2,400円(前売り一般のみ、1名で2回使用も可)
※(  )は前売券及び20名以上の団体料金
※未就学児は無料。(要保護者同伴)
※前売券は2020年3月23日(月)まで販売。(会期中は当日券のみ)
※障がい者手帳等をご提示の方と付き添い1人までは無料
※学生料金で入場の際には学生証をご提示ください
※上記料金で、2階総合展示と3階フィルムシアターも観覧可。(催事により有料の場合があり)
【主な入場券販売所】
京都文化博物館、チケットぴあ(Pコード:685-018)、ローソンチケット(Lコード:53595)、セブンチケット、CNプレイガイド、ABC ぴあ、e+(イープラス)他で販売
ペアチケット
2,400円(前売期間中販売、一般のみ、1名で2回使用も可)
ペアチケット販売:京都文化博物館、チケットぴあ(Pコード:685-018)、ローソンチケット(Lコード:53595)、セブンチケット、CNプレイガイド、ABC ぴあ
お問合せ先 京都文化博物館 075-222-0888
ホームページ

京都文化博物館 http://www.bunpaku.or.jp/

補足情報

月曜日休館:月曜日(ただし5/4(月・祝)は開館)、5/7(木)

 

【関連事業】

能楽特別講演「祇園祭の山鉾に込められた物語」

期  日:2020 年3月28日(土)14:00 〜16:00

会  場:京都文化博物館・別館ホール

出  演:金剛龍謹師(能楽金剛流若宗家)ほか

入  場:先着100名様(事前申込が必要です)

料  金:無料(ただし本展覧会入場券〔半券〕のご提示が必要)

1988年、二十六世宗家金剛永謹の長男として京都に生まれる。幼少より、父・金剛永謹、祖父・二世金剛巌に師事。5歳で仕舞「猩々」にて初舞台。2012年に発足した自身の演能会「龍門之会」をはじめとして、京都を中心に全国の数多くの公演に出演。

 

記念シンポジウム「祇園祭〜山鉾を受け継ぎ、その文化を守ること〜」

期  日:2020年3月29日(日)13:30 〜15:00

会  場:京都文化博物館・別館ホール

パネリスト:久保 智康 氏(京都国立博物館名誉館員・叡山学院教授)
藤井 健三 氏(西陣織物館顧問)村上 忠喜 氏(京都産業大学文化学部教授)

入  場:先着100名様(事前申込が必要)

料  金:無料(ただし本展覧会入場券〔半券〕のご提示が必要)

 

「祇園囃子の演奏とお囃子体験会」

期  日:2020年4月19日(日)13:00 〜15:00

会  場:京都文化博物館・6階和室

出  演:(公財)船鉾保存会囃子方

対  象:小学生以上20 名(大人の方のご参加も歓迎/事前申込が必要)

料  金:無料(ただし本展覧会入場券〔半券〕のご提示が必要です)

 

記念講演会「京都祇園祭の魅力」

期  日:2020年4月11日(土)10:30 〜12:00

会  場:京都文化博物館・3階フィルムシアター

講  師:橋本 章(当館学芸員)

参  加:先着160名様(事前申込が必要)

料  金:無料(ただし本展覧会入場券〔半券〕のご提示が必要)

 

ワークショップ「キミだけの山鉾模型をつくろう!」

期  日:2020年5月9日(土)13:00 〜15:00

会  場:京都文化博物館・3階やすらぎコーナー

対  象:小学3年生から6年生まで 先着20 名(事前申込が必要)

料  金:無料(ただし本展覧会入場券〔半券〕のご提示が必要)

 

お申込みはhttps://www.bunpaku.or.jp/exhi_special/form/

ギャラリートーク

期  日:3月27日(金)・4月3日(金)・4月10日(金)・4月17日(金)・4月24日(金)各回とも18:00から(30 分程度)

会  場:京都文化博物館・4階3階展示室

担  当:橋本 章(当館学芸員)

※毎回祇園祭にゆかりのゲストをお招きしてトークを展開。

参  加:事前申し込みは不要、当日開催時間中の入場者に限る。

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

同じカテゴリのイベント京イベント

このイベントに関連する記事京マガジン

このイベントに関連する記事はありません

世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる