DIGISTYLE KYOTO

KYOTO EVENTS京都イベント情報「京イベント」

Translate this page :

京都のイベント情報TOPへ戻る >

【~3/16 臨時休館】京都国立近代美術館 チェコ・デザイン 100年の旅

2020/03/06 ~ 2020/05/10

3月6日(金)~3月16日(月)は臨時休館されています。

 

芸術家アルフォンス・ミュシャ(ムハ)が生まれ、またフランス絵画から影響を受けたチェコ・キュビズムと呼ばれる独自の様式を生み出したチェコ。さらに、アニメやおもちゃに至るまで、20世紀のチェコは世界を魅了する数々のデザインを生み出した国として知られている。しかし、その100年を振り返れば、戦争や占領そして政変といった刻々と変わる国家の情勢にデザイナーたちが翻弄された世紀でもあった。

本展はチェコ・デザインの100年を、家具やプロダクト、ポスターなど、チェコ国立プラハ工芸美術館所蔵の作品を中心とした約250点の作品により紹介する。歴史軸に沿って紹介される作品は、チェコひいてはヨーロッパの情勢が20世紀のデザインに与えた影響の、一断面を示すものとなるだろう。

【~3/16 臨時休館】京都国立近代美術館 チェコ・デザイン 100年の旅
アルフォンス・ミュシャ 《ジスモンダ》 1894年 チェコ国立プラハ工芸美術館蔵

  • 【~3/16 臨時休館】京都国立近代美術館 チェコ・デザイン 100年の旅
    ミロスラフ・ナヴラーチル 《シェルチェア》 1959年 チェコ国立プラハ工芸美術館蔵
  • 【~3/16 臨時休館】京都国立近代美術館 チェコ・デザイン 100年の旅

イベント詳細

会場 京都国立近代美術館(岡崎公園内)
日時 2020/3/6(金)~5/10(日)9:30~17:00 ただし金曜日、土曜日は20:00まで開館 *入館は閉館の30分前まで
住所 京都市左京区岡崎円勝寺町
交通 JR~バスをご利用の方
JR・近鉄京都駅前(A1のりば)から
 市バス5番 銀閣寺・岩倉行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車
JR・近鉄京都駅前(D1のりば)から
 市バス100番(急行)清水寺・銀閣寺行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車
阪急電鉄・京阪電鉄~バスをご利用の方
阪急「烏丸駅」・「京都河原町駅」、京阪「三条駅」から
市バス5番 銀閣寺・岩倉行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車
阪急「烏丸駅」・「京都河原町駅」、京阪「祇園四条駅」から
 市バス46番 祗園・平安神宮行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車
市バス他系統ご利用の方
 「東山二条・岡崎公園口」または「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車、徒歩約5分
地下鉄ご利用の方
 地下鉄東西線「東山駅」下車徒歩約10分
駐車場 会場に駐車場はなし。 岡崎公園駐車場(地下)をご利用の有料入館者は駐車場の割引(1台1回)を受けられますので、駐車券をお持ちの上お越し下さい。
料金 一般1,400(1,200)円 大学生1,000(800)円 高校生500(300)円 
※( )は前売り/20名以上の団体料金 
※ 中校生以下は無料。
※ 心身に障がいのある方と付添者1名は無料
(入館の際に証明できるものをご提示下さい)。
※ 本料金でコレクション展もご覧いただけます。
お問合せ先 京都国立近代美術館 075-761-4111
ホームページ

https://www.momak.go.jp

補足情報
  • 休館日:毎週月曜日 ※ただし5月4日(月・祝)は開館
  • 関連イベント

 

講演+対談「建築探偵 チェコを歩いて日本を知る」
日 時:4月11日(土)午後2時~4時

会 場:京都国立近代美術館 1階講堂

講 師:藤森照信(東京大学名誉教授・江戸東京博物館館長)

対 談:ヘレナ・チャプコヴァー(立命館大学准教授)×本橋仁(当館特定研究員)

定 員:先着100名(当日午前11時より1階受付にて整理券配布。整理券はひとり1枚のみ)

参加費:無料(ただし本展観覧券が必要)

 

講演会「チェコの写真とグラフィック」

日 時:4月12日(日)午後2時~3時30分

会 場:京都国立近代美術館 1階講堂

講 師:レンカ・レセンスカー(チェコ国立プラハ工芸美術館 写真修復部門)

定 員:先着100名(当日午前11時より1階受付にて整理券配布。整理券はひとり1枚のみ)

参加費:無料(ただし本展観覧券が必要)

 

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

同じカテゴリのイベント京イベント

このイベントに関連する記事京マガジン

このイベントに関連する記事はありません

世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる