DIGISTYLE KYOTO

KYOTO EVENTS京都イベント情報「京イベント」

Translate this page :

京都のイベント情報TOPへ戻る >

清水三年坂美術館 帝室技芸員の仕事〈彫刻編〉

2019/08/24 ~ 2019/11/17

所蔵品のうち、帝室技芸員による作品を一堂に展示する「帝室技芸員の仕事」シリーズ。

今回の「彫刻編」では、高村光雲と石川光明の作品を中心に紹介する

帝室技芸員制度は、日本の伝統的な工芸の技術を皇室の保護のもと継承・発展させる目的で設けられた制度。

帝室技芸員は、帝室や宮内省からの依頼による制作や技術の錬磨、後進の育成につとめた。

光雲と光明は明治23年(1890)、帝室技芸員制度の発足と同時にその栄誉ある職に任命された。

仏師として修業を積み、木彫制作に専心した光雲。根付師として牙角彫刻を学び、木彫や彫漆などにも挑戦した光明。

制作に対する姿勢は異なるものの、ふたりは互いに敬意を払い、ともに近代彫刻界の発展に貢献した。

このたびの展覧会では、光雲と光明のほか、帝室技芸員を務めた竹内久一や山崎朝雲の作品なども展示する。

気品と迫力を備えた近代彫刻の精華の数々を楽しむことができる。

清水三年坂美術館 帝室技芸員の仕事〈彫刻編〉

イベント詳細

会場 清水三年坂美術館
日時 2019/8/24(土)~ 11/17(日)10:00~17:00(入館は16:30まで)
住所 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1
交通 京都駅より市バス206、100系統 バス停「清水道」下車、清水坂より三年坂へ徒歩7分
駐車場 美術館にはなし。近隣のコインパーキング等をご利用ください。※三年坂は土・日・休日の10:00〜17:00の間、車両通行禁止となるのでご注意ください。
料金 一般800円/大・高・中学生500円/小学生300円

幼児 無料
※都合により臨時休館する場合がございます。
※障害者手帳をお持ちの方と付き添い者1名は、50%割引
※団体でご来館される場合には、事前にお電話にて日時と人数をお知らせください。
お問合せ先 清水三年坂美術館 075-532-4270
ホームページ

清水三年坂美術館 http://www.sannenzaka-museum.co.jp/

補足情報

休館日:月・火曜日(但し、祝日は開館)/臨時休館有

◆主な展示作品:

・《法師狸》高村光雲 ・《江口の遊君》高村光雲 ・《寒山拾得図手箱》石川光明 ・《雛》石川光明 ほか

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

同じカテゴリのイベント京イベント

このイベントに関連する記事京マガジン

このイベントに関連する記事はありません

世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる