DIGISTYLE KYOTO

KYOTO EVENTS京都イベント情報「京イベント」

Translate this page :

京都のイベント情報TOPへ戻る >

何必館 これからの日本画を考える 中野 弘彦 展 ―無常―

2019/06/29 ~ 2019/08/25

1927年、山口県に生まれた中野弘彦は京都で育ち、京都市立美術工芸学校(京都市立銅駝美術工芸高等学校)で日本画を学び、その後立命館大学、京都大学で哲学を専攻、ハイデガーやニーチェの思想に触れ、大きく影響を受ける。その後、中野は藤原定家や鴨長明、松尾芭蕉や種田山頭火など先人の遺した言葉を通して「無常」を主題に、自らの思想を絵画化し、現代における表現の可能性を試みてきた。

現代の日本画には、自己の絵画観を持たず、描写力や技術だけに頼る作品が数多く見られる。あらゆることが画一化され、自分の表現を失いかけている現代において、中野の作品はこれからの日本絵画を考えていく上で、一つの指標になるのではないだろうか。

画家にとって最も重要なことは、自己の絵画観の確立であるといえる。そして、中野弘彦の作品からは、「絵画とは何か」「人間とは何か」という問いを常に自問自答し、探し続けた軌跡がうかがえる。絵画における思想と造形の接点を追求し、ひたむきな生と死の根源を見つめようと、真摯に制作を続けた孤高の画家であった。

本展では、絶筆をはじめ、屏風など作品約40点を展覧。

何必館 これからの日本画を考える 中野 弘彦 展 ―無常―
中野弘彦「方丈記考(感傷的無常)」1985年 何必館・京都現代美術館蔵

  • 何必館 これからの日本画を考える 中野 弘彦 展 ―無常―
    中野弘彦「暁の悲しみ」1982年 何必館・京都現代美術館蔵

イベント詳細

会場 何必館・京都現代美術館
日時 2019/6/29(土)~8/25(日)10:00~18:00(入館は17:30まで)
住所 京都市東山区祇園町北側271
交通 京阪「祇園四条駅」より徒歩3分
阪急「河原町駅」より徒歩5分
市バス「祇園」下車、徒歩2分
駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
料金 一般 1,000円 学生 800円
お問合せ先 何必館・京都現代美術館 075-525-1311
ホームページ

何必館・京都現代美術館 http://www.kahitsukan.or.jp/

補足情報

休館日…月曜日(但し、7/15、8/12は開館)

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

同じカテゴリのイベント京イベント

このイベントに関連する記事京マガジン

このイベントに関連する記事はありません

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

吉祥院天満宮 六斎念仏

【年中行事】

吉祥院天満宮 六斎念仏
2019/08/25まで

北野天満宮 天神さん

【縁日・市】

北野天満宮 天神さん
2019/08/25まで

長岡天満宮 夏まつり

【お祭り】【年中行事】

長岡天満宮 夏まつり
2019/08/25まで
イベントを探す
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団

デジスタイル京都

閉じる