DIGISTYLE KYOTO

KYOTO EVENTS京都イベント情報「京イベント」

Translate this page :

京都のイベント情報TOPへ戻る >

※新型コロナウイルス感染拡予防の観点等でイベントが中止や延期・開催時間が変更になっている場合があります。事前に公式サイトなどでご確認ください。

高台寺・圓徳院 秋の特別拝観とライトアップ

【終了しました】 2021/10/22 ~ 2021/12/12

今秋の夜間拝観は、方丈前庭に「おに」を表現

高台寺専属庭師、北山安夫氏のもと 特別テーマに沿い趣向を凝らした境内をつくり上げます。 特に紅葉深まる時季に周りの景色が映り込んだ臥龍池は 見る人から感嘆が漏れるほど。

テーマ: 「 お に 」
開創当時の素晴らしい堂宇を四層に配置された史跡名勝庭園は夜の灯りに浮かび上がり見る人により一層の静けさを感じさせる。
今秋の夜間拝観は、方丈前庭に「おに」を表現。
「おに」は、人をも食らう恐ろしい物怪(もののけ)である反面、いったん味方になってくれたら、その強さゆえに、災厄を払い福を招く頼もしい存在であるという二面性をもっています。
とりわけ仏教においては、かつては悪鬼だった邪鬼が改心して縁の下の力持ちとして仏法のお役に立とうとしている姿として信仰されております。寺院においても鬼を仏像として信仰したり、またお堂に鬼瓦をあしらうことで災厄を払う文化があります。ねね様においても、高台寺には沢山の鬼瓦があることからその信仰を 大切にしていたことが伺えます。
今秋の高台寺ではそんな「おに」をテーマに、現在の困難な状況を打ち払い、希望を持って力強く進む姿を高台寺庭師・北山安夫氏監修による作庭とプロジェクションマッピングにより表現します。

《同時公開》
秋の特別展「城主ねね ~湖月、長浜を照らす ~」
高台寺は令和6( 2024 )年、 北政所こと高台院ねね様の没後 400 年を迎えます。本年よりその遠忌行事の開始年として秀吉公とねね様所縁の各地との連携した行事を行います。今秋はその最初として、秀吉公が初めて城主となった長浜城とともに特別展を開催します。

高台寺・圓徳院 秋の特別拝観とライトアップ

  • 高台寺・圓徳院 秋の特別拝観とライトアップ

イベント詳細

会場 高台寺、圓徳院
日時 2021年10月22日(金)~12月12日(日)9:00〜22:00(21:30受付終了)圓徳院10:00より
住所 高台寺 京都市東山区高台寺下河原町526圓徳院 京都市東山区高台寺下河原町530
交通 JR・近鉄「京都駅」より
市バス206系統(東山廻り)「東山安井」下車 東へ徒歩5分
タクシーで約15分
阪急「河原町駅」・京阪「祇園四条駅」より
市バス207系統「東山安井」下車 東へ徒歩5分
駐車場 あり(乗用車150台、バス20台)※ご拝観は公共交通機関をご利用下さい。
料金 高台寺(掌美術館を含む) 大人600円 中高生250円
圓徳院 大人500円 中高生200円
※3ヶ所共通拝観券は900円(高台寺・掌美術館・圓徳院)
お問合せ先 高台寺075-561-9966/圓徳院075-525-0101
ホームページ

高台寺 http://www.kodaiji.com/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

同じカテゴリのイベント京イベント

このイベントに関連する記事京マガジン

このイベントに関連する記事はありません

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

イベントを探す
京エコロジーセンター
深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる