DIGISTYLE KYOTO

KYOTO EVENTS京都イベント情報「京イベント」

Translate this page :

京都のイベント情報TOPへ戻る >

清水三年坂美術館 印籠・緒締・根付

【終了しました】 2018/08/25 ~ 2018/11/18

「印籠(いんろう)」は、もともと判子・印肉や薬の入れ物だったが、江戸時代に人々のお洒落への欲求が高まると、装身具としても流行する。

「緒締(おじめ)」は印籠の蓋の開閉をするためのもの、「根付(ねつけ)」は印籠の紐を着物の帯に通し腰元に吊り下げる際、滑り止めの役割を果たすものである。印籠は緒締・根付と一緒に用いられることが常であった。明治時代に入ると、日本人の洋装化等の影響により、印籠は実用性にこだわらない鑑賞品としても発展した。本展覧会では、当館収蔵の印籠を緒締・根付とともに約90点展示。

彫刻・七宝・蒔絵・象嵌の細かな細工と併せて、印籠・緒締・根付、三者の取り合わせの妙も楽しむことができる。

清水三年坂美術館 印籠・緒締・根付

イベント詳細

会場 清水三年坂美術館
日時 2018/8/25(土)~11/18(日) 10:00~17:00(入館は16:30まで)
住所 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1
交通 京都駅より市バス206、100系統 バス停「清水道」下車、清水坂より三年坂へ徒歩7分
駐車場 美術館にはなし。近隣のコインパーキング等をご利用ください。※三年坂は土・日・休日の10:00〜17:00の間、車両通行禁止となるのでご注意ください。
料金 大人800円 大・高・中学生500円 小学生300円(20名以上の団体は20%割引)
幼児 無料
※障害者手帳をお持ちの方と付き添い者1名は、50%割引
※団体でご来館される場合には、事前にお電話にて日時と人数をお知らせください。
お問合せ先 清水三年坂美術館 075-532-4270
ホームページ

清水三年坂美術館 http://www.sannenzaka-museum.co.jp/

補足情報

●主な出品作品

《蘭陵王蒔絵印籠》蒔絵:梶川、金工:濱野矩隨/緒締:秋草虫図 真彦/根付:秋草蟷螂図 無銘

《雨宿図蒔絵印籠》塩見政誠

《風流八橋図蒔絵印籠》山本春正

《栗根付》森田藻己

 

月・火曜日休館(祝日は開館)
※都合により臨時休館する場合がございます。
※障害者手帳をお持ちの方と付き添い者1名は、50%割引
※団体でご来館される場合には、事前にお電話にて日時と人数をお知らせください。

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

同じカテゴリのイベント京イベント

このイベントに関連する記事京マガジン

このイベントに関連する記事はありません

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

イベントを探す

デジスタイル京都

閉じる