DIGISTYLE KYOTO

KYOTO EVENTS京都イベント情報「京イベント」

Translate this page :

京都のイベント情報TOPへ戻る >

何必館 現代風景画の指標 麻田鷹司展

【終了しました】 2018/07/01 ~ 2018/08/19

麻田鷹司(本名 麻田昂)は1928年、日本画家の麻田辨自の長男として京都に生まれる。幼い頃から芸術に触れて育った麻田は、京都市立美術工芸学校(現・京都市立銅駝美術工芸高等学校)、京都市立美術専門学校(現・京都市立芸術大学)に進学し日本画を学ぶ。33歳で京都から東京に居を移し、その後は東京を拠点に、日本の名所旧跡を描いた作品を発表し続ける。

「対象の風景との間には一期一会の対決のひとときがある。或る風景が私の風景となるかならないか。心が通い合えると感じたとき、ただ眼の前の景色にすぎなかった存在が私を釘付けにし、私の風景となる。」と語っていた麻田は、風景の奥にある日本人の自然観や美意識、宗教観、また自然の持つ普遍的な美しさを、作品制作を通して再確認し、風景画の指標ともいえる作品を数多く遺した。

自身の故郷である京都を愛し、58歳の若さで亡くなるまで、精力的に洛中洛外の風景も描き続けた。

本展では、日本三景の屏風をはじめ、スケッチを含む作品約40点を展覧する。

何必館 現代風景画の指標 麻田鷹司展
天橋雪後図 1972年 何必館・京都現代美術館蔵

イベント詳細

会場 何必館・京都現代美術館
日時 2018/7/1(日)~8/19(日)10:00~18:00(入館は17:30まで)
住所 京都市東山区祇園町北側271
交通 京阪「祇園四条駅」より徒歩3分
阪急「河原町駅」より徒歩5分
市バス「祇園」下車、徒歩2分
駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
料金 一般 1,000円 学生 800円
お問合せ先 何必館・京都現代美術館 075-525-1311
ホームページ

何必館・京都現代美術館 http://www.kahitsukan.or.jp/

補足情報

休館日…月曜日(但し7/16は開館)

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

同じカテゴリのイベント京イベント

このイベントに関連する記事京マガジン

このイベントに関連する記事はありません

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

イベントを探す

デジスタイル京都

閉じる