DIGISTYLE KYOTO

KYOTO EVENTS京都イベント情報「京イベント」

Translate this page :

京都のイベント情報TOPへ戻る >

フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生 永遠の南瓜展

2018/05/03 ~ 2019/02/28

フォーエバー現代美術館 祇園・京都は、これまでの常設展示室3室と企画展示室1室に加え、新たに2室を拡張し、2018年5月3日(木・祝)にグランドオープン。常設・企画展示室では、合計123点の草間彌生作品を展示公開する。

グランドオープンを記念して「草間彌生 永遠の南瓜展」を開催。展覧会では、草間彌生の代表的なモチーフの一つとして知られる「南瓜」の作品世界を中心に紹介する。南瓜の作品は、「実際の南瓜がそれぞれ豊かな表情を持っているように、わたしの南瓜だってどれ一つとして同じではない。」と草間彌生が語るように、実に様々な形、色、素材で制作されてきた。本展ではそうした南瓜作品のヴァリエーションの世界を、南瓜をモチーフにした油彩、版画、立体インスタレーション作品35点により紹介する。

屋外に展示された巨大なパブリックアートの「南瓜」、形、色、サイズが様々な版画作品の南瓜、ミラールームの中で増殖を繰り返す「宇宙にとどけ、水玉かぼちゃ」など、南瓜作品の永遠の変化の軌跡を見ることができ、どれ一つとして同じではない南瓜の世界をお楽しみいただける。

他2つの企画展示室では、花の間、富士の間として、それぞれの展示室名にちなんだ草間彌生による作品モチーフで構成した企画展示をする。花の間では、花をモチーフにした47点の作品群を、富士の間では、草間彌生が浮世絵師とコラボレーションして制作された「七色の富士」の作品シリーズ全9点を展示公開。

また、常設展示室では、1950年に制作された貴重な初期作から1963年の無限の網、1992年の作家の代表作「黄樹」など、28点の作品展示により、草間彌生の初期から2000年代までの作家活動の軌跡を紹介する。

フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生 永遠の南瓜展
宇宙にとどけ、水玉かぼちゃ 2010年 アルミニウム  草間彌生「十和田でうたう」展 展示風景 十和田市現代美術館(2010年)

  • フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生 永遠の南瓜展
    A PUMPKIN 2007年 油彩/キャンヴァス
  • フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生 永遠の南瓜展
    かぼちゃB 1999年 シルクスクリーン・ラメ

イベント詳細

会場 祇園甲部歌舞練場内 八坂倶楽部
日時 2018/5/3(木)~2019╱2╱28(木)10:00~18:00(最終入館17:30)
住所 京都市東山区祇園町南側570-2
交通 京阪電車「祇園四条駅」より徒歩約8分
阪急電車「河原町駅」より徒歩約10分
JR京都駅より市バス206系統「祇園」より徒歩約10分
駐車場 あり 有料(250円/30分)
料金 一般1500円 中高生1000円 小学生以下無料
お問合せ先 075-532-0270
ホームページ

http://www.fmoca.jp

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

同じカテゴリのイベント京イベント

このイベントに関連する記事京マガジン

このイベントに関連する記事はありません

RECOMMENDおすすめイベント

デジスタイル京都

閉じる