DIGISTYLE KYOTO

KYOTO EVENTS京都イベント情報「京イベント」

Translate this page :

京都のイベント情報TOPへ戻る >

樂美術館  開館40周年記念特別展 能と樂茶碗 幽玄と侘び―形の奥にある美意識

【終了しました】 2018/03/17 ~ 2018/06/24

室町時代は固有の文化・美意識を生み出した日本の歴史上特筆すべき時代である。
鎌倉時代に確立した武家政権は、室町時代に政の中心を京都に移すことにより、公家文化とも融合、また禅などの精神性とも結び付きながら、枯淡で雅な味わいを持つ幽玄や侘茶など、新たな武家芸能を生み出した。中でも能と茶の湯は、表現を異にするジャンルとは言え、共通する美意識に貫かれ、互いに影響を与えている。
茶の湯の中には、能の謡、演目に因む意匠や銘などが多く見られる。今日こそ少なくなったが、茶事の席で客と亭主が互いに謡を披露し楽しむこともあった。
能は樂茶碗にも深く影響を及ぼしている。可能な限り装飾を削ぎ落とした美意識は、樂茶碗と能面の目指す共通の表現と言える。簡素で狭い茶室の中で長次郎の樂茶碗の放つ存在感は、同様に簡素な能舞台上の演者の端然とした立ち姿に比することができる。特に茶碗に付けられた「銘」は能に因んだものが多く、また、立鼓花入のような能の楽器に因んだものもある。
本展では能と茶の湯、特に能面と樂茶碗に焦点を当て、作品を通じて幽玄美と侘びの共演、共通する美意識を探る。

樂美術館  開館40周年記念特別展 能と樂茶碗 幽玄と侘び―形の奥にある美意識
13代惺入作 翁面 樂美術館蔵

  • 樂美術館  開館40周年記念特別展 能と樂茶碗 幽玄と侘び―形の奥にある美意識
    初代長次郎作 赤樂茶碗 銘 道成寺 個人蔵
  • 樂美術館  開館40周年記念特別展 能と樂茶碗 幽玄と侘び―形の奥にある美意識
    3代道入作 黒樂茶碗  銘 唐衣 個人蔵

イベント詳細

会場 樂美術館
日時 2018/3/17(土)~6/24(日)  10:00~16:30 (入館は16:00まで)
住所 京都市上京区油小路通一条下る
交通 JR「京都駅」・近鉄電車「京都駅」(市バス「京都駅前」)から
 市バス9・50系統にて「堀川中立売」下車(徒歩約3分)
京阪電車「出町柳駅」(市バス「出町柳駅前」)から
 市バス201・203系統にて「堀川今出川」下車(徒歩約7分)
阪急電車「河原町駅」(市バス「四条河原町」)から
 市バス12系統にて「堀川中立売」下車(徒歩約3分)
※または阪急電車「大宮駅」で下車、徒歩で四条堀川へ行き、市バス9・12・50系統にて「堀川中立売」下車(徒歩約3分)
駐車場 あり(4台)
料金 大人1,000円  大学生800円  高校生400円  中学生以下無料
お問合せ先 樂美術館 075-414-0304
ホームページ

樂美術館 http://raku-yaki.or.jp

補足情報

休館日…月曜日(祝日は開館)

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

同じカテゴリのイベント京イベント

このイベントに関連する記事京マガジン

このイベントに関連する記事はありません

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

イベントを探す

デジスタイル京都

閉じる