TOP  > 京都の宿泊情報  > 旅館  > 京宿 うさぎ

お知らせ

京都の旅も、上級者になると「京都に住むように、泊まり、マイペースで上質な時間をすごしたい」という声が多くなってきます。
そんな思いを叶えてくれるお宿が2012年夏、いよいよ二条城近くの最高の立地に登場。モダンな町家をリノベーションしてうまれた「京宿 うさぎ」は、京都での"一泊"の価値を変えてくれる、新感覚のお宿です。

〒604-8382 京都市中京区西ノ京北聖町1番地
TEL 070-6543-0098 FAX 075-203-0951

メイン画像
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6

DigiStyle京都おすすめポイント

町家を再生した、新感覚の「京宿」

京都駅や四条河原町の雑踏から少し離れた「二条駅」からもほど近い、押小路通り沿いに建つ重厚感のある京町屋。そこが京都に新たに生まれた京宿うさぎです。
目の前には徳川時代の歴史を見守ってきた世界遺産・二条城のお堀があり、お宿に入る前からプレミアム感は満点。そんな貴重なエリアですのでもちろん周辺の環境は抜群で、静かに過ごすことができる、まさに"隠れ家"のようなスポットです。
一風変わったようにも聞こえるこの「うさぎ」という宿の名前は、日本ならばどこにでもある普遍的な響きで、誰にでもわかる優しい音色のような響きを持ち、子供でも外国人でもすっと、耳から入り心に染み入るということでつけられたそうです。
さらに、"飛び跳ねる"ことから、"飛躍"を表し、仕事や人生などで成功を意味することにも使われ、"子沢山"ということで"豊穣"を表し、安産や商売繁盛をも象徴すると言います。それは日本だけでなく世界でも通用するイメージだとか。
そんな京都の"うさぎ"で、旅の思い出を作って、心豊かに人生を過ごしてほしいというオーナーの想いは、一泊すれば本当に実感できました。

限定2部屋のみのプレミアムなお宿。

京宿うさぎにあるお部屋はふたつだけ。ともに上質な時間を過ごすためだけに作られたお部屋で、どちらに宿泊するかも悩ましいところ。
まず1階のお部屋は、安らぎと伝統とモダンさが融合し、風情を残したままの佇まいを醸し出している"お庭"。
その名の通り、京都らしく美しい中庭は掘りごたつのある和室からも、大きなお風呂の窓からも楽しむことができます。こういうところで季節を感じることができるのは本当にうれしいですね。また、ベッドルームは日本の伝統的建築にはかかせないなぐり加工の壁になっていて、落ち着いた空間を演出しています。
そして2階は開放的でモダンかつスタイリッシュな"お空"。最大4m70cmもあるという高い天井には"ゴロンボ"と呼ばれる、伝統建築にはかかせない丸太の梁が。このあたりからも建築へのこだわりを感じることができますね。
開放感溢れるこのお部屋は気の合うメンバーを集めてのパーティースタイルの宿泊にもオススメ。実際に結婚式のアフターパーティに利用される方もいらっしゃるとか。
どちらのお部屋も素敵!みんなで泊まりたい!という方には、なんと1棟まるごと貸切のプランも用意されているとのこと。幅広い用途で楽しむことができるのも京宿うさぎならではですね。

食事を自ら作るもよし、京名物「仕出し」を楽しむもよし。

京宿うさぎには、レストランはありません。
まさに"京都に住むように、泊まる"ことを楽しんでもらえるよう、気配り満点のお膳立てがされています。
お鍋やフライパンなどの調理器具からお皿にグラスといった食器まで、お料理に必要なものが完備されているのはもちろん、自分好みで旬の料理を作り、楽しむという今までにはない新しい宿泊スタイルが実現します。
周辺エリアには大きなスーパーのほか、昔ながらの商店街もあり、"地元・京都人"になった気分でお買い物から楽しめるのもいいですね。
そして、お酒が大好き!という方のために、お部屋にはワインセラーも完備。お気に入りの一本を持ち込んでのパーティタイムという使い方もオススメです。
もちろん、「日中は歩き回るので、食事はゆっくりと・・・」という方には、コンシェルジュがご要望に合わせる形で近隣のオススメのお店や、お部屋まで配達してくれる「仕出し屋さん」もご紹介してくれますよ。

泊まり方から食事まで、自分好みの楽しみ方が満喫できる「京宿うさぎ」、DigiStyle京都のおすすめです!

写真1
写真2
写真3
写真4

コンシェルジュのおすすめ京都

何と言っても目の前にある世界遺産・二条城がおすすめです。城内には国宝の二の丸御殿のほか、重要文化財も多く見どころが豊富です。また、お堀の周りはジョギングにちょうどいい距離ですので、朝から走ってリフレッシュ!というスタイルもオススメです。
朝と言えば午前7時オープンのとても小さなパン屋さん「ブーランジェオクダ」さんもオススメしています。いろんな種類の美味しいできたてパンが所狭しと並んでいますので、朝ごはんをあれこれ悩むのも面白いかもしれません。ちなみに意外にも(!?)京都市民はパンが大好きで、一か月のパンの消費量は全国2位だそうです。
その他、近くには「三条会商店街」というお菓子屋さんや、カフェ、中華惣菜屋さんなどいろんなジャンルのお店がそろった昔ながらの商店街があり、ぶらぶらするだけでも楽しいスポットです。