TOP  > 京都の宿泊情報  > ホテル  > ホテルモントレ京都

お知らせ

京都の姉妹都市・スコットランドはエジンバラの雰囲気をベースに、京都のはんなりした優しさを随所にプラスアルファしたホテル。
最上階のスパでは、京都市内の中心部でありながら地下1000メートルから湧く天然温泉が楽しめます。

〒604-8161 京都市中京区烏丸三条南
TEL 075-251-7111 FAX 075-251-7112

メイン画像
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5
  • 写真6

DigiStyle京都おすすめポイント

京都市の中心に位置する、古城の雰囲気漂うホテル

ホテルモントレ京都は、スコットランドの古都・エジンバラのイメージをベースに、京都とスコットランドの二つに共通する工芸に関わる文化をテーマにデザインしています。なぜ京都でスコットランドかといえば、実は京都とエジンバラは姉妹都市なのです。
そんなホテルモントレ京都は、数ある京都のホテルの中でも市街地のど真ん中、烏丸通に面しています。地下鉄「烏丸御池」駅から徒歩2分、四条烏丸からでも徒歩3分。烏丸線、東西線ふたつの地下鉄が交わる「烏丸御池」駅が近いため、観光名所へのアクセスもとてもスムーズです。

ゲストが絶賛するスタッフの気配りと応対

英国風の雰囲気を持つモントレ京都ですが、おもてなしは京の心を大切にしています。若々しく、きびきびと動き回るスタッフの姿は、新しいホテルながら早くも宿泊したゲストたちの賞賛の的になっています。彼女たちはとても頼れるナビゲーターでもあり、ホテルの周辺にひしめく飲食店の中から、ゲストにぴったりのレストランを提案もしてくれます。そんな姿を見ていると、日々、情報の収集を欠かしていないのだなと感じます。笑顔とゲストの少し先を行く「京都らしい」心配り。これこそが、モントレ京都がリピーターを増やしている秘訣のようです。

シック、可憐、ゴージャス、3つの雰囲気の客室

客室はすっきりとしたモダンなインテリアとファブリックでまとめられており、部屋のタイプによって、テーマイメージが変わります。京都の落ち着いた雰囲気をチャコールグレーと濃紺ストライプで表現した"CHIC-シック"、京の夕暮れを思わせる茜色をベースに、鮮やかなピンクのアクセントが素敵な"CHARMING-チャーミング"などがあり、特にこれまでのホテルにはない配色の"チャーミング"は、女性同士のゲストに人気なのだそう。いずれの部屋も茶色やベージュといった基本色を配していて、穏やかな雰囲気。自然と気持ちも落ち着いてきて、夜、ここで眠ることさえ楽しみになってきます。

ヨーロッパの街角のように。レストラン「エスカーレ」

昼は陽の光が明るく注ぎこむホテルモントレ京都2階にある「エスカーレ」。夜はここからホテルの1階、玄関を抜けた正面に建つチャペルのライトアップが見られます。このチャペルは実際にロンドンのチェルシーにある教会を再現したもの。窓越しに浮かびあがるチャペルを眺めながらいただくディナーは、まるでヨーロッパの街角にいるような、心おどる錯覚を覚えてしまいます。
そんな「エスカーレ」はフレンチのレストランですが、食材は地元京都で400年にわたり伝統野菜を育てている樋口農園の野菜をシェフ自ら吟味、収穫して使っています。昔から味がよいといわれる京育ちの野菜をふんだんに使った、モントレ京都オリジナルの"京都YASAI"フレンチは、ソースにも野菜を使い、個性ある味のバリエーションを楽しめます。

京都市内のど真ん中で堪能する天然温泉

ホテルモントレ京都の最上階には、地下1000メートルから湧き出す、天然の温泉があります。「京都の街中で温泉!?」と驚くことなかれ。「スパ・トリニテ」は、効果効能も証明された、正真正銘の天然温泉なのです。肌触りのやさしいお湯は、動き回って疲れた体に心地よく、ここが京都市街の中心地ということを忘れてしまいそう。岩盤浴やエステ(いずれも女性限定)、ボディケアをなどもあり、宿泊とセットのプランも豊富なので、次回はこちらも試してみたいものです。
湯上りは同じ階の角にあるラウンジで休憩を。開放的なパノラマビューからは京都の街並みや山々が一望できます。ここで一息つくのも、湯上りの素敵な過ごし方といえそうです。

写真1
写真2
写真3
写真4

コンシェルジュのおすすめ京都

まずは周辺散策がおすすめです。街中にあるホテルですが、向かいにある「六角堂」は朝6時より拝観できます。京都市屈指の繁華街にありながら、朝に散策すると、ふと静かな時間を過ごせます。また京の台所「錦市場」もご近所。400年の歴史を持つ通りは、京の台所という名にふさわしく、野菜・鮮魚のみならず乾物や惣菜など、さまざまな商店が軒を連ねています。
京都は縦・横の道のどこを歩いても風情、趣きある佇まいを味わえます。ホテルモントレ京都を拠点に、ガイドブックなしの散策を楽しんでみてください。

写真1