TOP  > 京都のグルメ情報  > お漬物で、京都の四季を感じよう DigiStyle京都 お漬物部の「京漬物菜時記」  > 寒い京都のお漬物と言えばこれ!5つの「千枚漬」を食べ比べしてみました。

お漬物で、京都の四季を感じよう DigiStyle京都 お漬物部の「京漬物菜時記」

寒い京都のお漬物と言えばこれ!5つの「千枚漬」を食べ比べしてみました。

いよいよ京都にも寒い冬がやってきました。
そして、冬の京都のお漬物と言えば、
やっぱり千枚漬!

千枚漬とは、かぶらを薄く切って、
昆布や唐辛子とともに酢漬けにしたものを言い、
かぶらと昆布のとろみと甘酸っぱさが人気のお漬物。

特に聖護院かぶらが出回るこの季節に、
京都の食卓を彩る冬の風物詩です。

写真1

そして今回、このように5種類の千枚漬をずらりと並べてみました。
かなり贅沢ですが、食べ比べてみた感想をご報告しますね!

写真2

こちらの5ブランドを食べ比べましたが、
まず最初にいただいたのは大藤さんの千枚漬。

写真3
<千枚漬本家 大藤> 110g 648円(税込)

京都御所で料理方を勤めていた初代が千枚漬を考案され、
とても古い歴史をもつこちらの千枚漬。

透けるほど薄く切った聖護院かぶらですが、
しっかりと食感を壊さずに漬けられており、
品のよい甘酸っぱさと豊かな昆布の風味を楽しめます。

特に、聖護院かぶら特有の味を邪魔しない味わいがたまりません。
壬生菜も一緒に漬けられていて、
まさに"大人のための一品"だな!と感じました。

続いていただいたのは大安さん。

写真4
<大安> 106g 713円(税込)

契約農家で丹精込めて育てられたという聖護院かぶらを
天然昆布で手間隙かけて作られた千枚漬は、
今回紹介している中では一番さっぱりしたお味。

昆布とかぶらの甘味に、下漬けの塩味がほどよいハーモニー。
まさに素材を最大限生かした味わいと感じました。
例えば、チーズなんかをくるんで食べてみるのも面白いかもしれません。

お次は桝俉(ますご)さんです。

写真5
<桝俉> 105g 648円(税込)

こちらも使われているのはきめ細かい純白の聖護院かぶら。
それを一枚一枚、熟練の職人さんたちが
丹念に利尻昆布で漬け込んで作られています。

酸味をあまり感じない上品な甘味が特徴で、
酸っぱさが苦手な方やお子様には
ぜひこちらをおすすめしたいと思います!

続いてはこちらの千枚漬。

写真6
<近為> 140g 864円(税込)

こちらは、特に昆布のとろみを感じる千枚漬でした。
そして甘酸っぱい千枚漬がお好きな人にはこちらがおすすめ。
しっかりと味がしみているので、お酒のお供にベストですね。
これからの季節は熱燗と一緒にちびちびと楽しむのも素敵です。

そして近為さんはお醤油をほんの少しそえて食べることも
おすすめされていて、やってみるとこれがまたおいしい!

千枚漬の楽しみ方って、いろいろあるな、と実感しました。

最後は土井志ば漬本舗さんが作る千枚漬です。

写真7
<土井志ば漬本舗> 100g 692円(税込)

その名の通り、しば漬で有名な土井志ば漬本舗さんも
この季節は千枚漬を出されています。

こちらの特長はまろやかな甘さと酸味のバランスの良さです。
特に噛むたびに感じる甘さはクセになるおいしさ。

素材の味を生かしつつもしっかりしたお味は
白いご飯にぴったりでした!
いわゆる「何杯でもいける!」というおいしさですね。

こうやって5種類を食べ比べてみると、
味わいや食感にそれぞれの特長があって、面白いものですね。

これもまた、お漬物の楽しみ方だと感じました。
ぜひ皆さまもお試しあれ!!

_____________________________________________________________________________

おいしいお漬物のお買いあげはこちらから。

ジェイアール京都伊勢丹 地下1F
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/floorguide/floor_b1f.html

【朗報】メーカー問わず!ジェイアール京都伊勢丹地下1階では、「お好み」セレクションで自分だけのお土産セットが作れます!
http://www.digistyle-kyoto.com/gourmet/tsukemono/conts1.html

▲このページのTOPへ