TOP  > 京都のグルメ情報  > 京湯葉・京麩

京湯葉・京麩

麩嘉
麩嘉
2007年11月 1日アップ  2007:11:01:12:00:00
料理の素材でしかなかった麩を、主役ともいえる京菓子として考案されたのが、麩嘉の麩まんじゅう。青のりで色合いと磯の香りを付けた生麩で餡を包み、蒸して冷水にさらされた生菓子で、笹の葉でくるんで出される。今では麩まんじゅうは、麩嘉の名物として人気を博している。
麩太
麩太
2007年11月 1日アップ  2007:11:01:12:00:00
麩太が創業したのは、江戸時代後期の文化年間(一八〇四~一八一八)のこと。初代当主である松屋太兵衛は、知恩院の山門脇に店を構えた。同店には、「麩蒟蒻仲間」と記された株仲間の鑑札が伝わっており、その伝統を物語っている。
千丸屋京湯葉
千丸屋京湯葉
2007年11月 1日アップ  2007:11:01:12:00:00
千丸屋は、文化元年(一八〇四)に、初代・菱屋忠次郎が現在地で創業。高品質の京湯葉を一筋につくり続け、京都の各宗総本出御用達として湯葉を納めるなど、京の食文化の一翼を担ってきた老舗である。