TOP  > 京都のイベントカレンダー  > 展覧会  > 幕末維新ミュージアム霊山歴史館 2016年秋の特別展 龍馬~未来への旅立ち

本日のイベント

  • Translate this page:

2016/9/14(水)〜12/25(日) 10:00~17:30 (受付は各30分前まで)

幕末維新ミュージアム霊山歴史館 2016年秋の特別展 龍馬~未来への旅立ち
[展覧会]

 今年は薩長同盟の成立から150年にあたる。犬猿の仲だった長州藩と薩摩藩の同盟締結に尽力した坂本龍馬の功績は大きいものだった。この同盟によって薩摩藩は第二次長州征伐への参加を見送り、幕府軍は長州軍に撃退された。幕府はこの敗北によって政策を大きく転換させ、15代将軍に就任した徳川慶喜は軍政改革に着手、フランスの軍事顧問団を迎え入れる。これに対して薩摩藩や長州藩はイギリスとの関係を強化し、軍備の近代化を図った。

 龍馬は薩長と幕府が全面戦争に突入すれば、国を二分する戦いとなり、西洋列強がその隙につけいってくることを危惧していた。そこで内戦を避けるために、将軍が政権を自主的に朝廷に返上する大政奉還の実現を目指す。しかし薩長などの武力討幕派が力をつける中、龍馬は武力討幕も視野に入れ、海援隊はライフル銃の買い付けも行っている。
 そんな中、将軍慶喜は大政奉還を行った。政権を朝廷に返還することで、武力討幕派の大義名分を奪おうとしたのだ。目指していた大政奉還が実現したため、次に龍馬は新政府の財政をどうするか頭を悩ませる。
 龍馬の師である勝海舟や土佐・山内容堂は、越前・松平春嶽と親交があり、龍馬は福井藩士の村田巳三郎(氏寿)や三岡八郎(由利公正)、福井藩政治顧問の横井小楠とパイプを持っていた。死の直前、龍馬は越前へ行くが、その目的は財政通である由利公正を新政府に引っ張り出すことだった。越前から戻った龍馬は京都の近江屋で暗殺されてしまうが、由利は新政府で徴士参与となり、太政官札の発行や商法司の設置などに取り組み、財政問題に尽力した。
 今回は福井市立郷土歴史博物館所蔵の松平春嶽ゆかりの逸品をはじめ、山内容堂や徳川慶喜などの貴重な資料7点や、霊山歴史館の龍馬関係資料など約100点を公開する。

■ イベント詳細

会場 京都・東山 幕末維新ミュージアム 霊山歴史館
日時 2016/9/14(水)〜12/25(日) 10:00~17:30 (受付は各30分前まで)
住所 京都市東山区清閑寺霊山町1
交通

JR・近鉄・地下鉄「京都駅」より
 市バス206系統「清水道」または「東山安井」下車、徒歩7分
京阪「祇園四条駅」より
 市バス207系統「東山安井」または「清水道」下車、徒歩7分
 または徒歩で東南へ20分
阪急「河原町駅」より
 市バス207系統「東山安井」または「清水道」下車、徒歩7分
 または徒歩で東南へ約25分

駐車場 あり (普通車数台分のみにつき、できるだけ公共の交通機関をご利用ください。)
料金 大人700円 高校生400円 小中学生300円
※団体20人以上は100円引き ※友の会会員は無料(会員証提示)
クーポン券または本展チラシ持参の場合は、団体料金で入館できます。
お問合せ先 霊山歴史館 電話075-531-3773 ファクス075-531-3774
e-mail office@ryozen-museum.or.jp
ホームページ

霊山歴史館 http://www.ryozen-museum.or.jp

備考

休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌日火曜日) 

※開館日等詳細は変更になる場合がありますので、ご来館前にWebサイトや電話でご確認ください。

※各イベントの詳細情報は、主催者により予告なく開催内容や時間等変更されることがありますので、くれぐれもご承知おきください。

■ 地図


■ 関連キーワードのイベント


幕末維新ミュージアム霊山歴史館 2016年秋の特別展 龍馬~未来への旅立ち
幕末維新ミュージアム霊山歴史館 2016年秋の特別展 龍馬~未来への旅立ち