TOP  > 京都のイベントカレンダー  > 展覧会  > 美術館「えき」KYOTO 没後60年 マリー・ローランサン展

本日のイベント

  • Translate this page:

2016/10/28(金)~11/27(日) 10:00~20:00
※入館は閉館の30分前まで。[会期中無休]

美術館「えき」KYOTO 没後60年 マリー・ローランサン展
[展覧会]

マリー・ローランサン(1883-1956)は20世紀前半のパリで活躍した女性画家。彼女が描き出す優美で甘美な作品は、いつの時代も人々を魅了し続けている。
ローランサンは幼い頃から絵や詩に興味を持っていたが、はじめに入った学校は名門女学校だった。やがて「画家になりたい」という思いが高まり、卒業後にアカデミー派の画家フェルナン・アンベールの画塾に入門する。ローランサンは、そこで出会った画家ジョルジュ・ブラックによって魅力的な新造形の世界に導かれ、パブロ・ピカソらが住むモンマルトルのアトリエ「洗濯船 (バトー=ラヴォワール)」に集う画家や詩人たちとも交流を深めた。その結果、彼女の画風は少しずつ変化していく。新しさを探求する芸術家たちは、ローランサンにとって刺激的な存在だっただろう。しかし、彼女は次第にパリの芸術界から距離を置き、「自分らしさ」の探求に出た。キュビズム時代の鋭い輪郭線は徐々に消え、そのスタイルは可憐で気品あふれるものへと変化し、色彩も柔らかく愛らしいパステルカラーを用いたローランサン独特の造形世界が生まれた。

変わりゆく時代の中で、常に自分自身と向き合った画家ローランサン。没後60年を記念して開催する本展では、マリー・ローランサン美術館が所蔵する油彩を中心とする約80点を紹介する。初期から晩年にいたるまで、常に新しい造形表現を探求し「自分らしさ」を追究したローランサンの創作世界を楽しんでほしい。

■ イベント詳細

会場 美術館「えき」KYOTO
日時 2016/10/28(金)~11/27(日) 10:00~20:00
※入館は閉館の30分前まで。[会期中無休]
住所 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
交通

JR京都駅下車すぐ・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接

駐車場 あり(京都駅ビル駐車場1,250台 最初の1時間600円以降20分ごとに200円
ジェイアール京都伊勢丹にて5,000円以上お買い上げのお客さまは2時間無料)
料金 一般1000円(800円) 高・大学生800円(600円) 小・中学生600円(400円)
※( )内はエムアイカード、JR西日本グループ会社カード(一部除く)をお持ちの方、ICOCA、Suica、PASMO、TOICA、manaca、SUGOCA、はやかけん、nimoca、Kitacaでご購入の方、前売および10名さま以上の団体、障害者手帳をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまの料金。
お問合せ先 美術館「えき」KYOTO 075-352-1111(ジェイアール京都伊勢丹大代表)
ホームページ

美術館「えき」KYOTO http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/

備考

■前売券情報
9月26日(月)~10月27日(木)まで。
お求めは、当館チケット窓口、チケットぴあ(Pコード767-810)、ローソン(Lコード57010)、セブン-イレブン、CNプレイガイド、ファミリーマート、イープラス、京都新聞文化センター、京都駅ビルインフォメーションへどうぞ。
※割引についてくわしくは、こちらをご覧ください。
※高校生以上の学生のお客さまは学生証のご提示をお願いします。学生証がない場合は一般料金となります。

開催記念イベント
ギャラリー・レクチャー「ローランサンとパリ」
■10月28日(金)/①午前11時から ②午後2時から(各回約30分)
■講師:吉澤 公寿氏(マリー・ローランサン美術館)

ギャラリー・トーク
■11月7日(月)・21日(月)/各日午前11時から(約30分)
■解説:当館学芸員

■会場:美術館「えき」KYOTO
※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※事前申し込み不要。ご参加は無料ですが、美術館入館券は必要です。
※混雑した場合は、入館制限をさせていただく場合がございます。

※各イベントの詳細情報は、主催者により予告なく開催内容や時間等変更されることがありますので、くれぐれもご承知おきください。

■ 地図


■ 関連キーワードのイベント


美術館「えき」KYOTO 没後60年 マリー・ローランサン展
《三人の若い女》1953年頃 マリー・ローランサン美術館蔵