TOP  > 京都のイベントカレンダー  > 展覧会  > 第210回企画展 物質性-非物質性 デザイン&イノベーション

本日のイベント

  • Translate this page:

2016/9/8(木)~10/29(土)11:00~19:00(土曜・10/2(日)は18:00まで) 日曜・祝日休館 但し、10/2(日)は特別開館

第210回企画展 物質性-非物質性 デザイン&イノベーション
[展覧会]

2015年10月-2016年10月まで日本とフランスは共同で「日本フランス・イノベーション年」を開催している。日本とフランスは革新的な技術と伝統的な知識を織り交ぜ、未来に発信する土壌を兼ね備えているという共通点を有している。特有の知識の保存やノウハウを、世代を超えて継承する名匠たち、有形・無形の遺産をどのように未来へと繋いでいくのか。フランスの哲学者ジャン=フランソワ・リオタール(1924-1998)がパリのポンピドゥー・センターで1985年に企画した「非物質的なもの」展の30周年を記念し、日仏両サイドから「物質性、非物質性」に焦点を当てる展示内容となっている。
尚、本展覧会はフランス大使館、外務省の認定により公式イベントとして参加している。

■企画概要
この展覧会では、デザイン・創造・イノベーションを通して物質性と非物質性の観念の可能性を探ってみたい。 とりわけ、多くの意味において創始的で先駆的な芸術イベントでもあった「非物質的なもの(Les Immatériaux)」(ジャン=フランソワ・リオタール監修、パリ、ジョルジュ・ポンピドゥー・センター、1985年)の30周年を記念したオマージュでもある。30年を経た現代の制作と創造の場面において、リオタールが提唱した「脱物質化された物質的なもの」「第二の皮膚」「極薄」といったキーワードの残響はどのように耳にされるだろうか。

探求の場面は、次の4つのジャンルに分かれる。
ニューメディア
感覚能力
3Dモデリング
データベース

新しいメディアにおいては、観客の立ち位置が問題となる。観客は情報の受容者であると同時に発出者でもあるからだ。観客はイメージに対してこれまでとは別の関係にある。イメージがデジタルでバーチャルなものになっただけではない。デバイスもインタラクティブなものになっている。70年代にパリ第8大学で行われた実験にも立ち戻って考えてみたい。
リオタールの展覧会を継承しつつ来訪者に体験してもらいたいのは、視覚のみではなく触覚・嗅覚・味覚・聴覚を含めた五感すべてに訴える体験である。
3Dモデリングによって多様な変形が可能になっており、実現しうる形やスタイルは著しく多岐にわたるものとなっている。また制作プロセスもよりフレキシブルなものになる可能性が生まれている。
伝統的な形や意匠、文様についてのデジタル・データベースは今日、保存のための媒体としてのみならず、過去のものの復活と再生に資するものとしてどこまで活用できるものとなっているのかを示したい。
バーチャルで「非物質的」な世界とあらたな資材すなわち「物質/ハードウェア」の世界との対峙、過去と未来の対話―技とノウハウの保存と資材の革新―これらのことを通じて、細部や構成、資材が注目されるようになり、また革新的な創造を行う様々な形式が注目されるようになる。
ミュリエル・ラディック(本展キュレーター)
Poster design by Hiroshi TOYAMA / softpad

■ イベント詳細

会場 京都dddギャラリー
日時 2016/9/8(木)~10/29(土)11:00~19:00(土曜・10/2(日)は18:00まで) 日曜・祝日休館 但し、10/2(日)は特別開館
住所 京都市右京区太秦上刑部町10
交通

地下鉄東西線 太秦天神川駅1番出口 徒歩3分

駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
料金 入場無料
お問合せ先 TEL:075-871-1480 FAX:075-871-1267
ホームページ

http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/

備考

■ギャラリーツアー
日時: 2016年9月8日(木) 16:30 – 18:00
ジャン=ルイ・ボワシエ、ミュリエル・ラディック、太刀川瑛弼ほか、
出展作家による作品解説を開催します。
会場: 京都dddギャラリー 入場無料、予約不要

■オープニングパーティ
2016年9月8日(木) 18:00-19:00
会場: 京都dddギャラリー
■ニュイ・ブランシュ関連イベント
サウンドパフォーマンス by softpad & ギャラリーツアー by françois AZAMBOURG
日時: 2016年10月1日(土)14:00-16:00
会場: 京都dddギャラリー

■シンポジウムのお知らせ
「日本のプリズムで見た非物質的なもの Les Immateriaux au prisme du Japon」
日時: 2016年9月9日(金)
会場: アンスティチュ・フランセ関西
入場無料、予約不要、詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.institutfrancais.jp/kansai/
主催: LABEX Art H2H
共催: アンスティチュ・フランセ関西、EFEO、公益財団法人DNP文化振興財団

■主催
公益財団法人DNP文化振興財団

■後援
在日フランス大使館
アンスティチュ・フランセ日本

■協力
アンスティチュ・フランセ関西
ボロレ・ロジスティクス・ジャパン株式会社
KAIROS Art Consulting
かみ添
中京大学 工学研究科
LABEX Art H2H
名古屋芸術大学
ポンピドゥー・センター
成安造形大学

※各イベントの詳細情報は、主催者により予告なく開催内容や時間等変更されることがありますので、くれぐれもご承知おきください。

■ 地図


■ 関連キーワードのイベント


第210回企画展 物質性-非物質性 デザイン&イノベーション
第210回企画展 物質性-非物質性 デザイン&イノベーション