TOP  > 京都のイベントカレンダー  > ライトアップ・イルミネーション

妙満寺 大根だき
妙満寺 大根だき
2016年12月10日~2016年12月10日開催  2016:12:10:00:00:00
大根だきはこの日行われる法要、釈尊成道会(しゃくそんじょうどうえ)に続いて行われる恒例行事。古くから大根は心身の毒を取り除き、中風や諸病除けに効くとされている。このことに因み、今年1年を無事に過ごせた感謝と来年の無病息災を願い、大鍋に炊いた大根が振る舞われる。
会場:総本山 妙満寺
京都・嵐山花灯路-2016
京都・嵐山花灯路-2016
2016年12月 9日~2016年12月18日開催  2016:12:09:00:00:00
自然や歴史的文化遺産に恵まれた嵯峨・嵐山エリアを「灯り」と「花」で演出し、総延長約5キロの「灯りと花の路」が創り出されるほか、周辺寺院・神社・文化施設の特別拝観・開館・ライトアップが行われる。 会場各所では、京都いけばな協会の協力により、大型花器による華麗ないけばな作品が灯りと花の路を彩る。
会場:京都嵯峨・嵐山地域(法輪寺に始まり、中之島公園から渡月橋を渡り、天龍寺周辺一帯を通って竹林の小径、嵯峨野散策路から二尊院に至る周辺寺院・神社等)
京セラ本社イルミネーション 2016
京セラ本社イルミネーション 2016
2016年12月 1日~2016年12月25日開催  2016:12:01:13:10:35
本社ビル壁面に高さ約86mの巨大なクリスマスツリーのライトアップ、および本社東側の公開空地と、本社南側に隣接する「稲盛ライブラリー」前の敷地を利用し、色とりどりな約19万個のLEDの輝きによって冬の夜を演出する。
会場:京セラ本社前の公開空地
東福寺 勝林寺 秋の特別拝観
東福寺 勝林寺 秋の特別拝観
2016年11月19日~2016年12月 4日開催  2016:11:19:00:00:00
東福寺 勝林寺は、東福寺の鬼門に位置することから「東福寺の毘沙門天(びしゃもんてん)」と呼ばれる塔頭寺院で、1550年の創建。毘沙門堂に安置されている毘沙門天立像は平安時代の作で、東福寺仏殿の天井内にひそかに安置されていた。 東福寺の仏殿に密かに安置されていた秘仏の毘沙門天立像(伝 定朝作)・吉祥天像(清水隆慶作)・善膩師童子像(清水隆慶作)を特別御開帳。毘沙門天曼荼羅 田村 月樵(宗立)作も同時
会場:東福寺 勝林寺
醍醐寺 秋期夜間拝観【事前申込制】
醍醐寺 秋期夜間拝観【事前申込制】
2016年11月18日~2016年12月 4日開催  2016:11:18:18:36:04
世界遺産の醍醐寺で、昨年に続き、夜間拝観が実施される。 夜間照明に映し出される伽藍と読経によって創られる、本物の《祈りの世界》をぜひこの機会に体感してみては。 ※特別事前予約拝観券は事前申込制となります。
会場:醍醐寺の下伽藍(金堂・五重塔・林泉など)
梅小路公園 紅葉まつり
梅小路公園 紅葉まつり
2016年11月18日~2016年11月27日開催  2016:11:18:13:07:47
梅小路公園を代表する秋のイベント「梅小路公園 紅葉まつり」が今年も開催。 夜の「朱雀の庭」が幻想的にライトアップされ、庭園内の約150本のモミジやアカマツが夜空に美しく浮かび上がる。 園内中央の浅池「水鏡」の水面に映り込む「逆さ紅葉」は朱雀の庭ならではの眺めで、絶好の撮影ポイントとなっている。
会場:梅小路公園『朱雀の庭』
金戒光明寺(こんかいこうみょうじ) 御影堂・大方丈・庭園 夜間拝観 ライトアップ
金戒光明寺(こんかいこうみょうじ) 御影堂・大方丈・庭園 夜間拝観 ライトアップ
2016年11月12日~2016年11月27日開催  2016:11:12:09:07:05
~鏡のような水面に映える紅葉!錦秋の回遊式庭園~ 今年で3回目の夜間特別公開となる金戒光明寺の庭園は、白砂と杉苔の枯山水庭園「紫雲の庭」と、 池を中心とした回遊式庭園の紅葉が見事。名仏師・運慶の作と伝わる文殊菩薩像や、遣唐使・吉備真備ゆかりの吉備観音像(重文)、仕掛けのある「虎の襖絵」の他、伊藤若冲生誕300年を記念して「群鶏図押絵貼屏風」なども特別公開される。
会場:金戒光明寺
清水寺 夜の特別拝観
清水寺 夜の特別拝観
2016年11月12日~2016年12月 4日開催  2016:11:12:00:00:00
清水寺は、春の桜に劣らず秋の紅葉も有名。 秋が深まると紅葉に抱かれるようになる国宝本堂をはじめ、堂塔伽藍がたいへん美しい。 それらがライトアップされると、伽藍がより立体的に浮かび上がり昼間にもまして荘厳な雰囲気となる。山内からは市街の夜景も一望できる。
会場:清水寺
隨心院 小町祭(こまちまつり)
隨心院 小町祭(こまちまつり)
2016年11月12日~2016年12月 4日開催  2016:11:12:00:00:00
小野小町が晩年を過ごしたと伝えられる「大本山隨心院」で開催される小町祭。 期間中は、小野小町と隨心院に因むさまざまな催しが行われる(スケジュールは下記を参照)ほか、境内のライトアップも行われ、夜間も拝観できる。庭の池に映るもみじや苔むした庭園がライトに浮かび上がる様子は、幻想的で美しい。
会場:隨心院
都ライト16
都ライト16
2016年11月11日~2016年11月13日開催  2016:11:11:08:34:01
伝統的な木造建築である京町家のライトアップイベント。従来のライトアップ手法とは異なり、京町家の内側から光を当てることで、格子から漏れ出すあたたかな暮らしの灯りを演出する。来場者の方々には京町家が多く残る京都・西陣の古き良き町並みを歩き、ライトアップを楽しんでいただく。京町家や地域の伝統文化に関わる併設のイベントもあり。 京都府の大学生を中心に活動し、今年度で12回目の開催を迎える。京町家の魅力や
会場:浄福寺通大黒町 / 上立売通、六軒町通、五辻通 / 上七軒通
大覚寺 夜間特別拝観 「真紅の水鏡」
大覚寺 夜間特別拝観 「真紅の水鏡」
2016年11月11日~2016年12月 4日開催  2016:11:11:00:00:00
本堂および大沢池周辺の広大なエリアを、幻想的で柔らかな光で照らし出す。 見頃を迎えた紅葉と光の競演は、大覚寺ならではの風雅を演出したもの。 放生池の水面に映し出される心経宝塔や、勅使門前の白砂の上に浮かび上がる嵯峨菊のあでやかさは圧巻の光景である。 1200年の歴史を誇る大覚寺ならではの悠久の時間を過ごすことができる。
会場:旧嵯峨御所 大本山大覚寺
永観堂 ライトアップ
永観堂 ライトアップ
2016年11月 8日~2016年12月 4日開催  2016:11:08:00:00:00
"モミジの永観堂"として名高い東山の古刹。 もみじは全山に約3千本あるといわれる、京都屈指の紅葉の名所。ライトアップされた境内の紅葉が、放生池に映りこむ様子や、多宝塔を包みこむように囲む様子は、実に幻想的。
会場:永観堂
秋の夜灯り2016 大原 宝泉院
秋の夜灯り2016 大原 宝泉院
2016年11月 5日~2016年12月 4日開催  2016:11:05:00:00:00
宝泉院には五葉松と遠景がすばらしい、京都でも屈指の美しい庭園がある。 建物の中から庭園をのぞみ、柱と柱、敷居と鴨居を額縁に見立てると、情景が絵画のように見える(額縁庭園)。 ライトアップされると、庭園の陰影がより鮮やかに浮かび上がり、吸い込まれそうなくらいの幻想的な世界が広がる。
会場:宝泉院
貴船もみじ灯篭
貴船もみじ灯篭
2016年11月 5日~2016年11月27日開催  2016:11:05:00:00:00
京都の奥座敷として名高い貴船の紅葉は、息をのむほどの美しさ。 この紅葉を昼だけではなく、夜も楽しめるのが貴船もみじ灯篭。 貴船へとつながる叡山電車の市原~二ノ瀬駅間は、250mにわたる「もみじのトンネル」となり、期間中はこの名所をライトアップ。もみじのトンネルを通過する際には、車内灯が消え、ゆっくり走行する。(21時頃まで) そして貴船神社(本宮、結社、奥宮)では境内で紅葉をライトアップ。境内を彩
会場:貴船神社と貴船のエリア一帯
知恩院ライトアップ2016(夜間特別拝観)
知恩院ライトアップ2016(夜間特別拝観)
2016年11月 3日~2016年12月 4日開催  2016:11:03:00:00:00
今年の知恩院ライトアップは、日本最大級の木造二重門である「三門」、友禅染の創始者宮崎友禅斎を祀る庭園「友禅苑」、阿弥陀如来立像をお祀りする「宝佛殿」をライトアップ。
会場:知恩院 友禅苑、黒門坂、阿弥陀堂
曼殊院 秋の特別夜間拝観
曼殊院 秋の特別夜間拝観
2016年11月 1日~2016年11月30日開催  2016:11:01:00:00:00
天台宗の門跡寺院で、洛北屈指の名刹。春の霧島ツツジ、秋の紅葉の名所として知られている。 紅葉が鮮やかになる11月からは、昨年に続き夜間特別拝観を楽しむことができる。
会場:曼殊院門跡
高雄もみじのライトアップ &神護寺「金堂」夜間特別公開
高雄もみじのライトアップ &神護寺「金堂」夜間特別公開
2016年11月 1日~2016年11月27日開催  2016:11:01:00:00:00
高雄の古刹、神護寺の紅葉が美しくなるこの期間、境内と参道をライトアップする。 また、神護寺では金堂を夜間特別公開。金堂の正面を開けて薬師如来や源頼朝像のレプリカも拝観できる。 夜の灯りに浮かび上がる幻想的な景色を楽しんでは。
会場:神護寺参道・清滝川沿い西明寺付近・高山寺駐車場付近、神護寺
梵燈のあかりに親しむ会 ~東林院・夜間特別拝観~
梵燈のあかりに親しむ会 ~東林院・夜間特別拝観~
2016年10月 7日~2016年10月16日開催  2016:10:07:00:00:00
沙羅の樹の庭で知られる妙心寺塔頭、東林院。 秋の行事として恒例になった「梵燈のあかりに親しむ会」が今年も行われる。 手づくりの瓦製梵燈(ぼんとう)や、古瓦のうえに約400本のろうそくが灯る。 照明器具を使用した派手な明るさではないが、静かに揺らめくろうそくの灯りのもと、虫の声と水琴窟(一壺天)の音を聴きながら、静かな秋の夕べを味わってみては。
会場:妙心寺山内 東林院