TOP  > 京都のイベントカレンダー  > 節分行事

伏見稲荷大社 節分祭
伏見稲荷大社 節分祭
2017年2月 3日~2017年2月 3日開催  2017:02:03:00:00:00
節分祭では除災・招福が祈願される。 当日は祭典終了後、11:30~、13:00~の3回、外拝殿で福男福女、そして福娘による豆まき行事が行われる。
会場:伏見稲荷大社
知恩院 追儺式(ついなしき)
知恩院 追儺式(ついなしき)
2017年2月 3日~2017年2月 3日開催  2017:02:03:00:00:00
「福は内」「ごもっとも、ごもっとも」という独特の掛け声に合わせて、『豆まき』を開催する。 知恩院ではその年の年男が、七不思議の1つである「大しゃくし」を持って諸堂を回り、豆をまいて厄払いをする。この「大しゃくし」は長さ2.5m、重さ30㎏もある巨大な物で、年に1度、追儺式の時だけ使用される。 このしゃくしは物を「すくう」という事から転じて、阿弥陀さまの「救い」を表わしているといわれ、この大きなしゃ
会場:知恩院
下鴨神社 節分祭
下鴨神社 節分祭
2017年2月 3日~2017年2月 3日開催  2017:02:03:00:00:00
古来より「開運厄除け・災難除け」の節分の伝統行事として、さまざまな行事が行われる節分祭。 下鴨神社では毎年の恒例行事として、一般の方々から募集した奉仕者により「豆まき」が行われる。
会場:下鴨神社
地主神社 節分祭
地主神社 節分祭
2017年2月 3日~2017年2月 3日開催  2017:02:03:00:00:00
福豆をまいて邪鬼を祓い、厄除・開運招福・病気回復を祈願する豆まき神事。 元は宮中の追儺(ついな)と呼ばれる悪霊退散の神事で、厳しい冬から、草木が甦る春へと移り変わる、節目の行事でもあった。節分祭の日は縁起物のこづち守りが入った福豆を求める人で境内がにぎわう。また当日は厄除守り、福豆も授与される。
会場:地主神社
北野天満宮 節分祭・追儺式
北野天満宮 節分祭・追儺式
2017年2月 3日~2017年2月 3日開催  2017:02:03:00:00:00
立春の前日(旧年の終りの日)にあたる節分の日に行われる「追儺」(「鬼やらい」)の儀式は、これから一年の災厄を祓い病いを除く祈りをこめた年中行事。京都の「乾の隅」の守りとして建立された北野天満宮は、災難除・厄除の社として、古くから朝廷や都人の篤い信仰を集めている。 当日は、本殿にて節分祭が斎行され、社頭では朝より夕刻まで災難厄除けのお札・お守り及び銀幣が特別授与される。また神楽殿にて、「北野追儺狂言
会場:北野天満宮
廬山寺 節分会
廬山寺 節分会
2017年2月 3日~2017年2月 3日開催  2017:02:03:00:00:00
京都の節分会の代表行事の一つに数えられる、廬山寺の追儺式鬼法楽(ついなしきおにほうらく)。これは通称鬼踊りと呼ばれ、これに登場する鬼は人間のもつ三毒、つまり貪欲・怒り・愚痴を表現している。この三毒を運勢の変わり目といわれる節分の日に追い払い、開運をはかり新しい節を迎えるという法会行事である。 元三大師が鬼を退治したと言われる独鈷、三鈷、また大師が宮中で使用したと伝わる降魔面なども、当日に限り特別開
会場:廬山寺 大師堂
平安神宮 節分行事
平安神宮 節分行事
2017年2月 3日~2017年2月 3日開催  2017:02:03:00:00:00
平安神宮の節分行事「大儺之儀(だいなのぎ)」は、古くは「追儺(ついな)」あるいは「鬼やらい」と言われ、平安朝の頃より朝廷の祓の行事として、旧暦正月の前日(現在の立春の前日)、節分の日に行われていたもの。 平安神宮での行事は昭和49年に復元され、現在では平安朝当時の「追儺式」が式次第、作法、祭具、衣裳にいたるまで綿密に再現されている。 この日は終日、古式のままに行う大儺之儀をはじめ、年の節目にふさわ
会場:平安神宮
八坂神社 節分祭
八坂神社 節分祭
2017年2月 2日~2017年2月 3日開催  2017:02:02:00:00:00
2月2日、3日は境内(舞殿)で豆撒きを行う。 節分の二日間限定の授与品・串札も授与される。これは竹串に守札を挟んだもので、災難の退散を祈念するものである。2日・3日とも花街の芸妓舞妓による舞踊奉納も行われ、節分祭を華やかに盛り上げる。
会場:八坂神社
壬生寺 節分会
壬生寺 節分会
2017年2月 2日~2017年2月 4日開催  2017:02:02:00:00:00
節分会の前日(2/2)と当日(2/3)は、参詣者の厄除・開運を祈願し、壬生狂言三十番組のうち、節分の豆まきをユーモラスに仕組んだ「節分」が繰り返し上演される。 節分会当日は、厄除け護摩祈祷と本堂内での昇殿特別祈祷が終日厳修され、厄除け札、開運起き上がり守り(だるま)などが授与される。 節分会の期間中、素焼きのほうらくに家内一同の年齢や願いごとを書き奉納すると、四月の壬生狂言「ほうらく割り」の演目中
会場:壬生寺
吉田神社 節分祭
吉田神社 節分祭
2017年2月 2日~2017年2月 4日開催  2017:02:02:00:00:00
平安京の鎮守神として創建された吉田神社の節分祭は、室町時代に開始されて以来、京都の一大行事として、毎年多くの人が参拝する。3日間にわたる節分祭で、邪気や厄を除き幸福と平和な生活を願う。2月2、3日は境内周辺に約800店の露店も出店し、たいへん賑わう。
会場:吉田神社
清水寺 修二会と節分会(星祭)
清水寺 修二会と節分会(星祭)
2017年2月 1日~2017年2月 3日開催  2017:02:01:00:00:00
修二会とは、この世のさまざまな過ちをご本尊に懺悔し、その報いを許していただけるよう祈願する法会。 2月1日から3日の間、毎日16時から本堂内々陣にて読経を行う。 また、2月3日は節分会でもあり、古くから伝わる星祭の秘法に則った、災難除けと招福の護摩(ごま)加持祈祷(かじきとう)を、成就院内の護摩堂にて行う。
会場:音羽山 清水寺
石清水八幡宮 湯立神事
石清水八幡宮 湯立神事
2017年2月 1日~2017年2月 1日開催  2017:02:01:00:00:00
男山五水の一つで、石清水八幡宮の社名のもとになった「石清水」から汲み上げた御神水を釜で沸かす。神前に献上された湯は、その後神楽女により笹葉で振り撒かれる。厄除開運、無病息災、五穀豊穣などを祈る伝統行事。 参列者には最後に笹葉が配られる。
会場:石清水八幡宮
石清水八幡宮 鬼やらい神事
石清水八幡宮 鬼やらい神事
2017年1月29日~2017年1月29日開催  2017:01:29:00:00:00
本殿前で、古式を採り入れた厳粛な「鬼やらい神事」の後、暴れ回る鬼たちに豆が撒かれ、最後に参詣者に「福豆」が振る舞われる。
会場:石清水八幡宮