TOP  > 京都のイベントカレンダー  > アートイベント  > Creators@Kamogawa 座談会
『ファッションと政治』 『引き算の美学』

本日のイベント

  • Translate this page:

2017/3/4(土)  15:00~

Creators@Kamogawa 座談会
『ファッションと政治』 『引き算の美学』
[アートイベント]

Creators@Kamogawa は、日本とドイツのクリエイターが、アートやカルチャーに関連する話題について語り合うイベントシリーズ。2017年からは、2部制にして話者の数を絞り込み、より濃密な会話を目指す。

今回、第1部のテーマは「ファッションと政治」。ヨーゼフ・ボイスやヴィヴィアン・ウエストウッドに影響を受けた新レジデントのデザイナーふたりが、「コム・デ・ギャルソン」のファッションショーの選曲を担当し、社会問題にも積極的に関わる音楽プロデューサーと、ファッション、引いてはカルチャー全般と政治の関係について話す。

第2部は「引き算の美学」。ショートフィルムを得意とする映像作家の新レジデントが、短いフォーマットの可能性と限界について、無印良品のコンセプトづくりに参画し、コピーも手がけたクリエイティブディレクターにして現代アートのキュレーターと、「用の美」や「Less is more」という哲学について意見を交わす。

トークの後は、館内のドイツカフェ『カフェ・ミュラー』にて、ドイツビールやおつまみを片手に交流を楽しむことができる。交流会では、滞在中のドイツ人芸術家の作品も、モニターで見ることができる。

■ イベント詳細

会場 ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川
日時 2017/3/4(土)  15:00~
住所 京都市左京区吉田河原町19-3
交通

JR-京都駅より:
市バス4、17、205番「荒神口」下車、徒歩5分。京都バス17番「荒神橋」下車、徒歩2分。

バス停「四条河原町」より:
市バス3、17、205番「荒神口」下車、徒歩5分。京都バス16 、17番「荒神橋」下車、徒歩2分。

京阪電車「四条」より:
「出町柳」行き「神宮丸太町」下車、北に徒歩6分。特急「出町柳」行き「出町柳」下車、南に徒歩8分。

駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
料金 入場無料・申込不要(カフェ・ミュラーでの飲食は各自ご負担ください)
お問合せ先 TEL:  075-761-2188 (31#)
Eメール: info@villa-kamogawa.goethe.org
ホームページ

http://www.goethe.de/ins/jp/ja/kam/ver.cfm?fuseaction=events.detail&event_id=20906742

備考

参加者:
ミルコ・ヒンリクス(デザイナー)
ジルヴィオ・シェラー(デザイナー)
桑原 茂一(選曲家、free paper dictionary 編集長)
ダニエル・ラング(映像作家)
小池 一子(クリエイティブディレクター、十和田市現代美術館館長)
小崎 哲哉(司会、構成)

※各イベントの詳細情報は、主催者により予告なく開催内容や時間等変更されることがありますので、くれぐれもご承知おきください。

■ 地図


■ 関連キーワードのイベント


Creators@Kamogawa 座談会<br>『ファッションと政治』 『引き算の美学』
Photo: Ina Schoenenburg / OSTKREUZ