TOP  > 京都のイベントカレンダー  > アートイベント  > はっきりしない何かの断片 (映画&パフォーマンス)

本日のイベント

  • Translate this page:

2017/3/24(金)19:00~

はっきりしない何かの断片 (映画&パフォーマンス)
[アートイベント]

ヴィラ鴨川レジデントのユリアン・ヴェーバーは、京都滞在中、新しいメディア時代に文化的に異なるものを学ぼうとする際の想像やステレオタイプ等と取り組んでいる。今回、『はっきりしない何かの断片』とのタイトルで、自身の振付・ダンス・舞台美術による新作パフォーマンスのワークインプログレス公演を行なう。

また、同作品の前には、京都芸術センターのレジデント、ミカエル・モーリッセンが、社会の共通知識の維持・伝達・使いやすさにおけるダンサーの役割を考察し、舞踊する身体をアーカイブとしてとらえたドキュメンタリー映画『記憶する身体-The Body as Archive』を上映する。

■ イベント詳細

会場 ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川
日時 2017/3/24(金)19:00~
住所 京都市左京区吉田河原町19-3
交通

JR-京都駅より:
市バス4、17、205番「荒神口」下車、徒歩5分。京都バス17番「荒神橋」下車、徒歩2分。

バス停「四条河原町」より:
市バス3、17、205番「荒神口」下車、徒歩5分。京都バス16 、17番「荒神橋」下車、徒歩2分。

京阪電車「四条」より:
「出町柳」行き「神宮丸太町」下車、北に徒歩6分。特急「出町柳」行き「出町柳」下車、南に徒歩8分。

駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
料金 入場無料
お問合せ先 TEL:  075-761-2188 (31#)
Eメール: info@villa-kamogawa.goethe.org
ホームページ

http://www.goethe.de/ins/jp/ja/kam/ver.cfm?fuseaction=events.detail&event_id=20937087

備考

第1部 Film
『記憶する身体-The Body as Archive』
監督:ミカエル・モーリッセン
2016年/49分/日本語字幕付

第2部  Performance
『はっきりしない何かの断片』 新作ワークインプログレス
振付・ダンス・舞台:ユリアン・ヴェーバー


※ミカエル・モーリッセンが京都や関西で活躍するダンサーやアーティストと共同制作した新作『Selfhood』公演が、3月18日(金)と19日(土)に、京都芸術センターにて開催される。

共催:京都芸術センター

※各イベントの詳細情報は、主催者により予告なく開催内容や時間等変更されることがありますので、くれぐれもご承知おきください。

■ 地図


■ 関連キーワードのイベント


はっきりしない何かの断片 (映画&パフォーマンス)