TOP  > 京都のイベントカレンダー  > 京都非公開文化財特別公開

平成27年度 京都春季非公開文化財特別公開 城南宮
平成27年度 京都春季非公開文化財特別公開 城南宮
2015年4月29日~2015年5月10日開催  2015:04:29:00:00:00
方除の大社と仰がれ、工事や引越の安全を祈る参拝者が絶えない城南宮は、皇城の南に鎮まるお宮という名が示すように、平安遷都の折、都の守護と国土の安泰を願って創建された。 御所の襖絵も手掛けた吉田元陳の作「曲水の宴図屏風」は背景の穏やかな山並は比叡山から続く東山を髣髴とさせる。他に藤原定家「明月記断簡」などが公開される。
会場:城南宮
平成27年度 京都春季非公開文化財特別公開 東寺五重塔
平成27年度 京都春季非公開文化財特別公開 東寺五重塔
2015年4月29日~2015年5月10日開催  2015:04:29:00:00:00
江戸期に再建され、木造塔として日本一の高さを誇る五重塔(国宝)。言わずと知れたこの「京のシンボル」の初層内部を特別公開する。 内陣は心柱を大日如来に見立て、その周囲の須弥壇上に阿閦如来、宝生如来、阿弥陀如来、不空成就如来の金剛界四仏と八大菩薩が安置されている。 十二躯の諸尊と真言八祖の障壁画にて表現された「密教の世界」は、まさに圧巻のひと言。
会場:東寺五重塔
平成27年度 京都春季非公開文化財特別公開 本圀寺
平成27年度 京都春季非公開文化財特別公開 本圀寺
2015年4月29日~2015年5月10日開催  2015:04:29:00:00:00
日蓮宗の寺院。 今回公開される源平合戦図は、樹木等の描写から絵画としての技法など優れた作品で狩野派系統の絵師とみられる。亀裂等損傷が多くみられるため、昨年本格的な修復がなされた。境内には我が国最大の経蔵(重文)があり、このたび公開される。
会場:本圀寺
平成27年度 京都春季非公開文化財特別公開 伏見稲荷大社
平成27年度 京都春季非公開文化財特別公開 伏見稲荷大社
2015年4月29日~2015年5月10日開催  2015:04:29:00:00:00
全国に30,000社あるといわれる「お稲荷さん」の総本宮。 公開される「お茶屋(重要文化財)」は躙口をもたない所謂貴人好みの茶室・書院式茶室の遺構とされている。その創建は詳らかではないが、十六世紀末乃至十七世紀初頭のものとされていて、寛永十八年(一六四一)に後水尾院より、院の非蔵人として仕えていた当社目代羽倉延次に下賜されたものである。松ノ下屋では棟方志功の襖絵も展示。 今回はお茶屋(重文)、松ノ
会場:伏見稲荷大社