TOP  > 京都のイベントカレンダー  > 紅葉

無鄰菴正月開場 お庭初め -お正月特別版ガイド-
無鄰菴正月開場 お庭初め -お正月特別版ガイド-
2017年1月 1日~2017年1月 3日開催  2017:01:01:12:46:37
無鄰菴は、年始1月1日より開場する。新しい一年を清清しい景色を味わう 「お庭初め」で始めてみてはいかがだろうか。お正月にあわせた特別なしつら えと、京都ならではの大福茶を用意する。 なお、新年特別企画として弊社庭園コンシェルジュによる、「お庭初めーお正月特別版ガイドー」(予約不要)も開催する。普段は聞けないお庭のこと、無鄰菴のことなどを聞くことができる。
会場:無鄰菴
地主神社 もみじ祭
地主神社 もみじ祭
2016年11月23日~2016年11月23日開催  2016:11:23:00:00:00
秋の豊作と縁結びのご利益に感謝し、家内安全・商売繁盛を祈願するお祭。もみじの名所として名高い蓬莱山で採れた紅葉を手にした巫女が、神楽『もみじの舞』『剣の舞』『扇の舞』を奉納し、お火焚の神事で健康・病気回復も祈願する。
会場:地主神社
無鄰菴 秋のもみじ茶会
無鄰菴 秋のもみじ茶会
2016年11月20日~2016年11月20日開催  2016:11:20:12:46:37
11月のもみじの見頃の時期にあわせて、お茶会を開催する。母屋二階に茶席会場を設け、紅葉とお点前をお楽しみいただける。また、通常は予約制の茶室の見学のほか、庭師や庭園コンシェルジュによる、茶室・庭園の解説も行う。 定員  各回10名。要予約。 料金  3,000円(要別途入場料)
会場:無鄰菴
秋の特別公開 霊鑑寺(れいかんじ)
秋の特別公開 霊鑑寺(れいかんじ)
2016年11月19日~2016年12月 4日開催  2016:11:19:00:00:00
~歴代皇女が入寺された尼門跡寺院「谷の御所」の紅葉~ 代々皇女が入寺されたことから「谷の御所」と呼ばれた尼門跡寺院で、 尼宮たちの雅な暮らしを偲ばせる御所人形など貴重な寺宝が残されている。 後西天皇の院御所の御殿を移築した書院は、狩野派の作と伝わる「四季花鳥図」などの華麗な障壁画に彩られており、 本堂は江戸幕府十一代将軍・徳川家斉が寄進したもので、如意輪観音像を安置している。 山裾に広がる回遊式庭
会場:霊鑑寺
東福寺 勝林寺 秋の特別拝観
東福寺 勝林寺 秋の特別拝観
2016年11月19日~2016年12月 4日開催  2016:11:19:00:00:00
東福寺 勝林寺は、東福寺の鬼門に位置することから「東福寺の毘沙門天(びしゃもんてん)」と呼ばれる塔頭寺院で、1550年の創建。毘沙門堂に安置されている毘沙門天立像は平安時代の作で、東福寺仏殿の天井内にひそかに安置されていた。 東福寺の仏殿に密かに安置されていた秘仏の毘沙門天立像(伝 定朝作)・吉祥天像(清水隆慶作)・善膩師童子像(清水隆慶作)を特別御開帳。毘沙門天曼荼羅 田村 月樵(宗立)作も同時
会場:東福寺 勝林寺
醍醐寺 秋期夜間拝観【事前申込制】
醍醐寺 秋期夜間拝観【事前申込制】
2016年11月18日~2016年12月 4日開催  2016:11:18:18:36:04
世界遺産の醍醐寺で、昨年に続き、夜間拝観が実施される。 夜間照明に映し出される伽藍と読経によって創られる、本物の《祈りの世界》をぜひこの機会に体感してみては。 ※特別事前予約拝観券は事前申込制となります。
会場:醍醐寺の下伽藍(金堂・五重塔・林泉など)
梅小路公園 紅葉まつり
梅小路公園 紅葉まつり
2016年11月18日~2016年11月27日開催  2016:11:18:13:07:47
梅小路公園を代表する秋のイベント「梅小路公園 紅葉まつり」が今年も開催。 夜の「朱雀の庭」が幻想的にライトアップされ、庭園内の約150本のモミジやアカマツが夜空に美しく浮かび上がる。 園内中央の浅池「水鏡」の水面に映り込む「逆さ紅葉」は朱雀の庭ならではの眺めで、絶好の撮影ポイントとなっている。
会場:梅小路公園『朱雀の庭』
黒谷和紙ともみじ祭
黒谷和紙ともみじ祭
2016年11月13日~2016年11月13日開催  2016:11:13:09:20:41
「黒谷和紙」の産地である黒谷町にて和紙に親しみ、もみじをめでる1日限りのお祭り。当日は和紙の販売、ワークショップ、和紙作品展示、屋台の出店もあり。
会場:京都府綾部市黒谷町一帯
直指庵 秋の阿弥陀堂特別公開と寺宝の展示
直指庵 秋の阿弥陀堂特別公開と寺宝の展示
2016年11月13日~2016年12月 4日開催  2016:11:13:00:00:00
直指庵を訪れると、「想い出草」ノートの部屋というのがあり、直指庵を訪れた人が、思いの丈を綴るためのノートが置かれている。これまで、実に5000冊以上もの「思いの丈」がこのノートに綴られてきた。 今回、これまでの旅人が残した過去数年分の「思いの丈」を公開するとともに、直指庵に伝わる寺宝も展示する。
会場:直指庵
金戒光明寺(こんかいこうみょうじ) 御影堂・大方丈・庭園 夜間拝観 ライトアップ
金戒光明寺(こんかいこうみょうじ) 御影堂・大方丈・庭園 夜間拝観 ライトアップ
2016年11月12日~2016年11月27日開催  2016:11:12:09:07:05
~鏡のような水面に映える紅葉!錦秋の回遊式庭園~ 今年で3回目の夜間特別公開となる金戒光明寺の庭園は、白砂と杉苔の枯山水庭園「紫雲の庭」と、 池を中心とした回遊式庭園の紅葉が見事。名仏師・運慶の作と伝わる文殊菩薩像や、遣唐使・吉備真備ゆかりの吉備観音像(重文)、仕掛けのある「虎の襖絵」の他、伊藤若冲生誕300年を記念して「群鶏図押絵貼屏風」なども特別公開される。
会場:金戒光明寺
清水寺 夜の特別拝観
清水寺 夜の特別拝観
2016年11月12日~2016年12月 4日開催  2016:11:12:00:00:00
清水寺は、春の桜に劣らず秋の紅葉も有名。 秋が深まると紅葉に抱かれるようになる国宝本堂をはじめ、堂塔伽藍がたいへん美しい。 それらがライトアップされると、伽藍がより立体的に浮かび上がり昼間にもまして荘厳な雰囲気となる。山内からは市街の夜景も一望できる。
会場:清水寺
隨心院 小町祭(こまちまつり)
隨心院 小町祭(こまちまつり)
2016年11月12日~2016年12月 4日開催  2016:11:12:00:00:00
小野小町が晩年を過ごしたと伝えられる「大本山隨心院」で開催される小町祭。 期間中は、小野小町と隨心院に因むさまざまな催しが行われる(スケジュールは下記を参照)ほか、境内のライトアップも行われ、夜間も拝観できる。庭の池に映るもみじや苔むした庭園がライトに浮かび上がる様子は、幻想的で美しい。
会場:隨心院
永観堂 秋の寺宝展
永観堂 秋の寺宝展
2016年11月 8日~2016年12月 4日開催  2016:11:08:00:00:00
「モミジの永観堂」と言われるほど、京都の秋を楽しむ上では欠かせないのがこの永観堂こと聖衆来迎山 無量寿院 禅林寺が毎年、この時期に寺宝展を開催する。 また阿弥陀堂ではご本尊「みかえり阿弥陀如来(重文)」を参拝することができる。阿弥陀堂の彩色は、極楽浄土をほうふつとさせる鮮やかな彩色に甦っている。
会場:永観堂
永観堂 ライトアップ
永観堂 ライトアップ
2016年11月 8日~2016年12月 4日開催  2016:11:08:00:00:00
"モミジの永観堂"として名高い東山の古刹。 もみじは全山に約3千本あるといわれる、京都屈指の紅葉の名所。ライトアップされた境内の紅葉が、放生池に映りこむ様子や、多宝塔を包みこむように囲む様子は、実に幻想的。
会場:永観堂
貴船もみじ灯篭
貴船もみじ灯篭
2016年11月 5日~2016年11月27日開催  2016:11:05:00:00:00
京都の奥座敷として名高い貴船の紅葉は、息をのむほどの美しさ。 この紅葉を昼だけではなく、夜も楽しめるのが貴船もみじ灯篭。 貴船へとつながる叡山電車の市原~二ノ瀬駅間は、250mにわたる「もみじのトンネル」となり、期間中はこの名所をライトアップ。もみじのトンネルを通過する際には、車内灯が消え、ゆっくり走行する。(21時頃まで) そして貴船神社(本宮、結社、奥宮)では境内で紅葉をライトアップ。境内を彩
会場:貴船神社と貴船のエリア一帯
秋の夜灯り2016 大原 宝泉院
秋の夜灯り2016 大原 宝泉院
2016年11月 5日~2016年12月 4日開催  2016:11:05:00:00:00
宝泉院には五葉松と遠景がすばらしい、京都でも屈指の美しい庭園がある。 建物の中から庭園をのぞみ、柱と柱、敷居と鴨居を額縁に見立てると、情景が絵画のように見える(額縁庭園)。 ライトアップされると、庭園の陰影がより鮮やかに浮かび上がり、吸い込まれそうなくらいの幻想的な世界が広がる。
会場:宝泉院
知恩院ライトアップ2016(夜間特別拝観)
知恩院ライトアップ2016(夜間特別拝観)
2016年11月 3日~2016年12月 4日開催  2016:11:03:00:00:00
今年の知恩院ライトアップは、日本最大級の木造二重門である「三門」、友禅染の創始者宮崎友禅斎を祀る庭園「友禅苑」、阿弥陀如来立像をお祀りする「宝佛殿」をライトアップ。
会場:知恩院 友禅苑、黒門坂、阿弥陀堂
秋の特別公開 金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)
秋の特別公開 金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)
2016年11月 1日~2016年12月 4日開催  2016:11:01:09:07:05
~紅葉の回遊式庭園と市内一望の山門特別公開~ 幕末の会津藩や新選組ゆかりの地。特別公開の庭園は、白砂と杉苔の枯山水庭園「紫雲の庭」と、鮮やかな紅葉と池が見事に調和した回遊式庭園。 運慶作と伝わる文殊菩薩像や、吉備観音像(重文)、仕掛けのある「虎の襖絵」のほか、今回は生誕300年を迎えた伊藤若冲筆「群鶏図押絵貼(ぐんけいずおしえばり)屏風」、若冲の弟子とされる處冲(しょちゅう)筆の掛軸や富岡鉄斎(と
会場:金戒光明寺
真如堂 観経曼荼羅特別公開
真如堂 観経曼荼羅特別公開
2016年11月 1日~2016年11月30日開催  2016:11:01:00:00:00
観経曼荼羅は、中央に極楽浄土の様相を細く表し、左右と下方に「観無量寿経」の説話を絵解きのように表現した浄土変相図のこと。真如堂の観経曼陀羅は金糸などによる刺繍で、江戸中期、本堂の大きさに合わせて製作された。
会場:真如堂(真正極楽寺)
高雄もみじのライトアップ &神護寺「金堂」夜間特別公開
高雄もみじのライトアップ &神護寺「金堂」夜間特別公開
2016年11月 1日~2016年11月27日開催  2016:11:01:00:00:00
高雄の古刹、神護寺の紅葉が美しくなるこの期間、境内と参道をライトアップする。 また、神護寺では金堂を夜間特別公開。金堂の正面を開けて薬師如来や源頼朝像のレプリカも拝観できる。 夜の灯りに浮かび上がる幻想的な景色を楽しんでは。
会場:神護寺参道・清滝川沿い西明寺付近・高山寺駐車場付近、神護寺
曼殊院 秋の特別夜間拝観
曼殊院 秋の特別夜間拝観
2016年11月 1日~2016年11月30日開催  2016:11:01:00:00:00
天台宗の門跡寺院で、洛北屈指の名刹。春の霧島ツツジ、秋の紅葉の名所として知られている。 紅葉が鮮やかになる11月からは、昨年に続き夜間特別拝観を楽しむことができる。
会場:曼殊院門跡
無鄰菴 秋の文化財講座 技術編 ~近代和風建築の保存・修繕~
無鄰菴 秋の文化財講座 技術編 ~近代和風建築の保存・修繕~
2016年10月30日~2016年10月30日開催  2016:10:30:12:46:37
無鄰菴の建築を例として、近代和風建築の保存・修繕に関する基礎知識を学ぶ講座。京都府の文化財技師としてのキャリアをもち、海外でも活躍されている先生の豊富なご経験をお話していただく。座学終了後には、無鄰菴建築の見学も行う。  定員  20名。要予約。 料金  3,000円(要別途入場料) ●講師プロフィール:菅澤茂 工学院大学建築学部建築デザイン学科客員研究員 工学院大学建築学部建築デザイン学科客員研
会場:無鄰菴
無鄰菴 秋の文化財講座 歴史編 ~近代数寄空間における煎茶的要素~
無鄰菴 秋の文化財講座 歴史編 ~近代数寄空間における煎茶的要素~
2016年10月29日~2016年10月29日開催  2016:10:29:12:46:37
近代和風建築の特性と歴史的意義について学ぶ講座。東山地域における別荘群の形成と数奇空間にいて研究されてきた講師により、今回は茶室をテーマにお話しいただく。座学終了後は、薮内流燕庵を模したといわれる茶室を見学する。  定員  20名。要予約。 料金  3,000円(要別途入場料) ●講師プロフィール:矢ケ崎善太郎 京都工芸繊維大学大学院デザイン・建築学系 准教授 京都工芸繊維大学院 デザイン・建築学
会場:無鄰菴
弘源寺 秋の特別拝観
弘源寺 秋の特別拝観
2016年10月 1日~2016年12月 4日開催  2016:10:01:00:00:00
枯山水庭園「虎嘯の庭」、竹内栖鳳とその一門(上村松園・西山翠嶂・徳岡神泉ほか)など文化勲章受章者の日本画等を公開する。本堂の柱に残る幕末の刀傷も見所のひとつ。さらに毘沙門天立像(国指定重要文化財)も公開する。 また、予約制で団体(10名程度から)のみ法話を聞くこともできる(法話料別途)。
会場:天龍寺塔頭 弘源寺