TOP  > 京都のイベントカレンダー  > 伝統芸能

壬生寺 節分会
壬生寺 節分会
2017年2月 2日~2017年2月 4日開催  2017:02:02:00:00:00
節分会の前日(2/2)と当日(2/3)は、参詣者の厄除・開運を祈願し、壬生狂言三十番組のうち、節分の豆まきをユーモラスに仕組んだ「節分」が繰り返し上演される。 節分会当日は、厄除け護摩祈祷と本堂内での昇殿特別祈祷が終日厳修され、厄除け札、開運起き上がり守り(だるま)などが授与される。 節分会の期間中、素焼きのほうらくに家内一同の年齢や願いごとを書き奉納すると、四月の壬生狂言「ほうらく割り」の演目中
会場:壬生寺
當る酉歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎 五代目中村雀右衛門襲名披露
當る酉歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎 五代目中村雀右衛門襲名披露
2016年11月30日~2016年12月25日開催  2016:11:30:17:15:10
京の年中行事として親しまれる「吉例(きちれい)顔見世(かおみせ)興行(こうぎょう)」が、今年は南座の休館に伴い、史上初の「先斗町歌舞練場」で開催。坂田藤十郎や片岡仁左衛門といった両人間国宝をはじめ、市川海老蔵や片岡愛之助など東西の豪華俳優陣が一堂に会する歌舞伎の"オールスター"とも呼べる興行であり、五代目中村雀右衛門の襲名披露も行われるため、チケットは激戦が予想される。会場となる「先斗町歌舞練場」
会場:先斗町歌舞練場