TOP  > 京都のイベントカレンダー  > 特別公開

秋の特別公開 霊鑑寺(れいかんじ)
秋の特別公開 霊鑑寺(れいかんじ)
2016年11月19日~2016年12月 4日開催  2016:11:19:00:00:00
~歴代皇女が入寺された尼門跡寺院「谷の御所」の紅葉~ 代々皇女が入寺されたことから「谷の御所」と呼ばれた尼門跡寺院で、 尼宮たちの雅な暮らしを偲ばせる御所人形など貴重な寺宝が残されている。 後西天皇の院御所の御殿を移築した書院は、狩野派の作と伝わる「四季花鳥図」などの華麗な障壁画に彩られており、 本堂は江戸幕府十一代将軍・徳川家斉が寄進したもので、如意輪観音像を安置している。 山裾に広がる回遊式庭
会場:霊鑑寺
直指庵 秋の阿弥陀堂特別公開と寺宝の展示
直指庵 秋の阿弥陀堂特別公開と寺宝の展示
2016年11月13日~2016年12月 4日開催  2016:11:13:00:00:00
直指庵を訪れると、「想い出草」ノートの部屋というのがあり、直指庵を訪れた人が、思いの丈を綴るためのノートが置かれている。これまで、実に5000冊以上もの「思いの丈」がこのノートに綴られてきた。 今回、これまでの旅人が残した過去数年分の「思いの丈」を公開するとともに、直指庵に伝わる寺宝も展示する。
会場:直指庵
金戒光明寺(こんかいこうみょうじ) 御影堂・大方丈・庭園 夜間拝観 ライトアップ
金戒光明寺(こんかいこうみょうじ) 御影堂・大方丈・庭園 夜間拝観 ライトアップ
2016年11月12日~2016年11月27日開催  2016:11:12:09:07:05
~鏡のような水面に映える紅葉!錦秋の回遊式庭園~ 今年で3回目の夜間特別公開となる金戒光明寺の庭園は、白砂と杉苔の枯山水庭園「紫雲の庭」と、 池を中心とした回遊式庭園の紅葉が見事。名仏師・運慶の作と伝わる文殊菩薩像や、遣唐使・吉備真備ゆかりの吉備観音像(重文)、仕掛けのある「虎の襖絵」の他、伊藤若冲生誕300年を記念して「群鶏図押絵貼屏風」なども特別公開される。
会場:金戒光明寺
秋の特別公開 金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)
秋の特別公開 金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)
2016年11月 1日~2016年12月 4日開催  2016:11:01:09:07:05
~紅葉の回遊式庭園と市内一望の山門特別公開~ 幕末の会津藩や新選組ゆかりの地。特別公開の庭園は、白砂と杉苔の枯山水庭園「紫雲の庭」と、鮮やかな紅葉と池が見事に調和した回遊式庭園。 運慶作と伝わる文殊菩薩像や、吉備観音像(重文)、仕掛けのある「虎の襖絵」のほか、今回は生誕300年を迎えた伊藤若冲筆「群鶏図押絵貼(ぐんけいずおしえばり)屏風」、若冲の弟子とされる處冲(しょちゅう)筆の掛軸や富岡鉄斎(と
会場:金戒光明寺
大徳寺 聚光院 創建450年記念特別公開
大徳寺 聚光院 創建450年記念特別公開
2016年3月 1日~2017年3月26日開催  2016:03:01:19:04:38
千利休の菩提寺にして、日本画の最高峰・狩野永徳の障壁画を有する大徳寺聚光院。2016年に創建450年を迎えるこの聚光院が3月から1年間、特別公開を実施。 修復に際して京都国立博物館に寄託していた狩野永徳とその父、松栄による本堂障壁画46面(全て国宝)が里帰りし、ここ聚光院で修復後初の一挙公開。また、2013年の書院落慶に合わせ奉納された、現代日本画のトップランナー、千住博画伯の障壁画『滝』が一般初
会場:大徳寺 聚光院