TOP  > 京都のイベントカレンダー  > 演奏会・音楽ライブ  > 京都佛立ミュージアム 東日本大震災七回忌追悼公演 津波ヴァイオリンコンサート「忘れない」とい う復興支援

本日のイベント

  • Translate this page:

2017/3/5(日)  14:00~15:30(13:00受付開始)

京都佛立ミュージアム 東日本大震災七回忌追悼公演 津波ヴァイオリンコンサート「忘れない」とい う復興支援
[演奏会・音楽ライブ]

~「陸前高田の一本松」を覚えていますか?~

あの凜とした姿に、どれほどの人が勇気づけられ、支えられたであろう。
あれから、早や6年―
あの松から製作されたヴァイオリンの調べに、
私たちの心は何を感じるのか。
陸前高田の「奇跡の一本松」の木片を用いたヴァイオリンで演奏。

■ イベント詳細

会場 京都佛立ミュージアム
日時 2017/3/5(日)  14:00~15:30(13:00受付開始)
住所 京都市上京区御前通り一条上る東竪町110
交通

市バス北野天満宮前 徒歩3分/京福電鉄 北野白梅町駅 徒歩5分
阪急 西院駅よりバス/JR円町駅より徒歩15分/東西線 西大路御池駅より
バス

駐車場 なし(尚、車椅子でのご来館の際、事前にご連絡いただくか、当日受付でお尋 ねください。職員用スペースが可能な場合、対応させてただきます)
料金 無料
お問合せ先 075-288-3344
ホームページ

http://www.hbsmuseum.jp/

備考

当日ミュージアム開館時間は10~17時まで。
只今、幕末維新の仏教改革者「長松清風展」開催中!(入館無料)

【出演者】
津波ヴァイオリン製作者   中澤宗幸(なかざわ・むねゆき)
兵庫県の山林業を営む木材店に生まれ、木と音楽の中に育つ。
1980年、東京にアトリエを構え、ヨーロッパの歴史ある楽器商、
名工との交流の中で楽器の知識を広め、修復技術等の研鑽を積む。
現在まで国内外の演奏家の楽器の修理、メンテナンスの仕事に従事。
1983年、長野県上田市に中澤ホールをオープン。
国内外のアーティストを迎え、コンサート、古楽器の展示、
音楽祭等をプロデュース、地域の芸術文化活動の輪を広げる。
2004年、カンヌ芸術祭に新作ヴァイオリンを出品、
コート・ア・デュール賞受賞。
2011年、兵庫県知事より文化功労賞受賞。
2012年、東日本大震災による瓦礫からヴァイオリンを製作。
鎮魂と記憶に留める運動「千の音色でつなぐ絆」プロジェクトを展開。
著書に『いのちのヴァイオリン』『ストラディヴァリウスの真実と嘘』、
『魂柱の歌』等。
ヴァイオリニスト   中澤きみ子(なかざわ・きみこ)
新潟大学を卒業後、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院にて
研鑽を積む。1991年ウィーン室内管弦楽団コンサートマスターらと
「アンサンブル・ウィーン東京」を結成し、現在も活動を続けている。
2000年に文化庁芸術家海外派遣員としてウィーンに留学。
その後、国内外のオーケストラと共演。CDも数多くリリース。
特にモーツァルトのソナタ全集、協奏曲全集が高い評価を受けている。
また国際ヴァイオリンコンクールの審査員や、
国際音楽祭の講師として招聘され、後進の指導にも高い評価を得ている。
2005年から10年間尚美学園大学・客員教授を務める。
震災後、ライフワークとしてTSUNAMIヴァイオリンの演奏にも
熱心に取り組んでいる。
使用楽器:ストラディヴァリウス「ダ・ヴィンチ」1714年製(宗次直美氏より貸与)
オフィシャルサイト http://kimiko-vn.net/

※各イベントの詳細情報は、主催者により予告なく開催内容や時間等変更されることがありますので、くれぐれもご承知おきください。

■ 地図


■ 関連キーワードのイベント


京都佛立ミュージアム 東日本大震災七回忌追悼公演 津波ヴァイオリンコンサート「忘れない」とい う復興支援
京都佛立ミュージアム 東日本大震災七回忌追悼公演 津波ヴァイオリンコンサート「忘れない」とい う復興支援