TOP  > 京都のイベントカレンダー  > その他イベント  > 公開シンポジウム 「茶文化のグローバルな魅力 ~京都からの発信~」

本日のイベント

  • Translate this page:

2016/11/19(土)  13:30~17:00

公開シンポジウム 「茶文化のグローバルな魅力 ~京都からの発信~」
[その他イベント]

本シンポジウムは、茶文化に焦点を絞り、そのグローバルな魅力について、京都における茶文化推進のための行政のとりくみ、香道とのかかわり、放送メディアの役割、さらには、茶のお点前のモーション・キャプチャーを通じて、産学官共同、文理融合の学術的な観点から幅広く考える。
そして、日本を代表する伝統文化のひとつである茶文化が、京都という「伝統」と「革新」が共存する空間において、いかに継承され、どのような形で現代社会に息づき、さらに、いかなる将来性を含んでいるのかを、各界の第一人者、専門家の方々とともに語り合う。

■ イベント詳細

会場 同志社大学 寒梅館 ハーディホール
日時 2016/11/19(土)  13:30~17:00
住所 京都市上京区烏丸今出川上る
交通

京都市営地下鉄烏丸線「今出川」駅から徒歩1分
京阪電車「出町柳」駅から徒歩15分

駐車場 なし  ※公共の交通機関をご利用下さい。
料金 無料
お問合せ先 同志社大学創造経済研究センター事務局
TEL:075-251-3728 FAX:075-251-3727 Email:rc-csce@mail.doshisha.ac.jp
ホームページ

http://csce.doshisha.ac.jp/lecture/index.html

備考

【プログラム】(敬称略)
13:30~13:40 開会の挨拶、趣旨説明 
        佐伯 順子(同志社大学 京都と茶文化研究センター センター長)

13:40~15:00 第一部 講演 「京都がはぐくむ茶文化~多様なとりくみの現状」
        ・「宇治茶の文化的景観」を世界文化遺産に: 丸 直裕 
                        (京都府農林水産部農産課 宇治茶担当課長)
        ・お香と京都の茶文化: 畑 正高 (松栄堂 主人)
        ・放送メディアと茶文化: 山本 壮太 
                        (古典の日推進委員会 ゼネラルプロデューサー) 
        ・茶のお点前のモーション・キャプチャー: 横川 隆一
                        (同志社大学生命医科学部 教授)

15:30~17:00 第二部 パネルディスカッション 「茶文化のグローバルな魅力と将来」
        パネリスト: 丸直裕・畑正高・山本壮太・横川隆一
        コーディネーター: 佐伯順子

【主催】 同志社大学 京都と茶文化研究センター 
      同志社大学 創造経済研究センター
      同志社大学 ライフリスク研究センター
【後援】 京都府/京都市

※各イベントの詳細情報は、主催者により予告なく開催内容や時間等変更されることがありますので、くれぐれもご承知おきください。

■ 地図


■ 関連キーワードのイベント


公開シンポジウム 「茶文化のグローバルな魅力 ~京都からの発信~」