TOP  > 京都のイベントカレンダー  > 除夜の鐘

實相寺 除夜の鐘撞
實相寺 除夜の鐘撞
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:09:09:11
今年一年の締めくくりに行われる實相寺の除夜の鐘撞は、今年一年の108つの煩悩を洗い清め新年に備えるために行われている日本古来より続いている習わしである。
会場:京都 上鳥羽 正覚山實相寺
南禅寺 除夜の鐘
南禅寺 除夜の鐘
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
12/1より、整理券を配布する(大晦日の当日、志納金が必要)。 鐘は2人で1回撞くことができる。
会場:南禅寺
長楽寺 除夜の鐘
長楽寺 除夜の鐘
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
12月31日、朝9時より整理券を配布する。志納金500円が必要。 御札・御守りの授与がある。
会場:長楽寺
誓願寺 除夜の鐘
誓願寺 除夜の鐘
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
23時より新京極山門前にて整理券を配布する。最初は誓願寺の住職が撞く。 甘酒やホットカルピスの接待(150名様分)もある。
会場:誓願寺
天龍寺 除夜の鐘
天龍寺 除夜の鐘
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
先着順だが、最初と最後は僧侶が撞く。一組1回で、108回まで。
会場:天龍寺
乙訓寺 除夜の鐘
乙訓寺 除夜の鐘
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
23:45頃から住職が最初に撞き、その後は午前0:30までに並べば参拝者も撞くことができる。 生姜湯の接待あり(午前1:00まで。なくなり次第終了)。
会場:乙訓寺
比叡山延暦寺 除夜の鐘
比叡山延暦寺 除夜の鐘
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
整理券で幸先矢(こうせんや・冥加料1,000円)を受けた方が、5人1組で撞く(整理券配布は21:30~)。 東塔諸所は21時開堂。根本中堂では22~23時、法話と修正会が行われる。 また、日付が変わる一時間前には、人間の心の悪業である、むさぼり、怒り、ねたみを表す鬼が舞い、それらを修行僧がこらしめ、改心させるという祭事(追儺式(ついなしき))が執行される。
会場:延暦寺 東塔
壬生寺 除夜の鐘
壬生寺 除夜の鐘
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
第1打は貫主が撞き、第2打から希望者に、一打につき約10人くらいずつ綱を引き撞くことができる。 梵鐘は嘉永元年(1848)に鋳造されたもので、重さは約1.35トンある。鐘楼は嘉永4年(1851)の再建となっている。 先着300名には甘酒の無料接待も。
会場:壬生寺
真如堂 除夜の鐘
真如堂 除夜の鐘
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
年越しに108の鐘を撞き、新たな気持ちで新年を迎える除夜の鐘。 12時頃から1時過ぎまでで、先着順に4~5人で108回を撞く。 外国人留学生も多く、いろいろな言葉が飛び交う中、新しい年を迎える。体の温まる薬湯の無料接待もあり。
会場:真如堂(真正極楽寺)
浄蓮華院 除夜の鐘
浄蓮華院 除夜の鐘
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
浄蓮華院の梵鐘は、広島の平和の鐘を製作し、1977年(昭和52年)に梵鐘の分野で重要無形文化財保持者(「人間国宝」)に認定された、故・香取正彦氏の作。撞ける回数に制限はないが、先着で人数を限り、ご住職から記念品が贈呈される予定。 甘酒の無料接待もあり。
会場:浄蓮華院
清水寺 除夜の鐘
清水寺 除夜の鐘
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
12/25より寺務所にて整理券を配布する(1枚につき1人分)。 最初は清水寺の僧侶が撞き、その後は2人で1回撞くことができる。
会場:清水寺
醍醐寺 除夜の鐘
醍醐寺 除夜の鐘
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
1月1日0時より、僧侶の1打で始まる。場所は、国宝・金堂前と大講堂横の2ヶ所の鐘楼堂。 除夜の鐘を撞きたい場合、12/10より三宝院納経所にて受付を開始する。奉納料1,000円で整理券と引き換える(先着212名)。 当日は、鐘を撞いたのちお守りなどが授与される。 また国宝・金堂前で、そばの接待もある(先着順)。
会場:醍醐寺
永観堂 除夜会(除夜の鐘)
永観堂 除夜会(除夜の鐘)
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
僧侶が108打撞いた後に、参拝者が撞くことができる。 希望者が多い場合は、2~3人で一回、鐘を撞く。
会場:永観堂
大覚寺 除夜の鐘
大覚寺 除夜の鐘
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
除夜の鐘を撞くのに人数制限はない。参拝者全員に御守りの授与がある。甘酒の接待も。 元日午前0時からは、修正会の法会が執り行われる。
会場:大覚寺
常寂光寺 除夜の鐘
常寂光寺 除夜の鐘
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
最初は住職が鐘を撞き、続いて招待者が鐘く。一般の拝観者が鐘を撞くには整理券が必要(整理券は22:30~配布)。甘酒の接待がある。
会場:常寂光寺
高台寺 除夜の鐘
高台寺 除夜の鐘
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
22時頃から、108枚の整理券を配布する。1グループで1回撞くことができる。
会場:高台寺
善峯寺 除夜の鐘
善峯寺 除夜の鐘
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
この日は京都一の夜景を堪能することができる。 参拝者はそれぞれ厄除け祈願の鐘を撞く。また、先着108名にご本尊に供えられた菓子を授与する。
会場:善峯寺
知恩院 除夜の鐘
知恩院 除夜の鐘
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
親綱の僧のかけ声を合図に、子綱の16人の僧が応えて手を緩めると、親綱の僧が綱にぶら下がって撞木を加速させ、鐘を撞く。知恩院の除夜の鐘は口径2.8メートル、高さ3.3メートル、重さが約70トンもあり、その音の余韻は体の中にじわりと響く。 一般の参拝者は撞くことができないが、ぜひ一度、その重厚な鐘の音を聞いてみたい。
会場:知恩院 大鐘楼
平等院 除夜会
平等院 除夜会
2016年12月31日~2016年12月31日開催  2016:12:31:00:00:00
5~6人一組で、先着順に撞くことができる。 参拝者には、多幸を祈願した巳の絵馬を進呈(先着1000名 なくなり 次第、配布終了)。
会場:平等院
知恩院 除夜の鐘試し撞き
知恩院 除夜の鐘試し撞き
2016年12月27日~2016年12月27日開催  2016:12:27:00:00:00
知恩院の鐘は高さ3.3メートル、口径2.8メートル、重さ約70トン。京都方広寺、奈良東大寺と並ぶ日本三大梵鐘として知られている。 この大鐘が鳴らされるのは、成人式(1月)、法然上人の御忌大会(4月)と大晦日の年3回。試し撞きのこの日は、親綱を引く1人の僧侶と、子綱を引く16人の僧侶が綱を握り「えーいひとつ」「そーれ」の掛け声のもと、本番さながらの鐘撞きが行われる。
会場:知恩院 大鐘楼