TOP  > 京都のイベントカレンダー  > 舞台

日置あつし舞踊ソロ作品 酉年正月公演「極楽鳥の森」
日置あつし舞踊ソロ作品 酉年正月公演「極楽鳥の森」
2017年1月 6日~2017年1月 9日開催  2017:01:06:08:44:19
京都の気鋭のコンテンポラリーダンサーによるキャバレッタとコンテンポラリーダンスの融合作品。 アート?それともエンターテイメント? 拠点を京都に「ノマド=遊牧民」を標榜し優雅に貫くダンスアーティスト「日置あつし」が、 一線で活躍するエンターテナーらと共に、アートとエンターテイメントの絶妙なる境界線を縫合し、編み、錦色の光彩を放つステージを創造する。 多彩な表現で綴る舞台を極楽鳥に見立て、"派手で奇妙
会場:アトリエ劇研
當る酉歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎 五代目中村雀右衛門襲名披露
當る酉歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎 五代目中村雀右衛門襲名披露
2016年11月30日~2016年12月25日開催  2016:11:30:17:15:10
京の年中行事として親しまれる「吉例(きちれい)顔見世(かおみせ)興行(こうぎょう)」が、今年は南座の休館に伴い、史上初の「先斗町歌舞練場」で開催。坂田藤十郎や片岡仁左衛門といった両人間国宝をはじめ、市川海老蔵や片岡愛之助など東西の豪華俳優陣が一堂に会する歌舞伎の"オールスター"とも呼べる興行であり、五代目中村雀右衛門の襲名披露も行われるため、チケットは激戦が予想される。会場となる「先斗町歌舞練場」
会場:先斗町歌舞練場
劇団TinyPlants 第16回公演「今度は愛妻家」
劇団TinyPlants 第16回公演「今度は愛妻家」
2016年11月12日~2016年11月13日開催  2016:11:12:08:38:13
「今度は愛妻家」 作:中谷まゆみ 演出:のっち -あらすじ- 人と人って不思議なもの なんでもなかったあの人が 大切な存在になる 遠くにいるはずだったのに 近くにいる 失ってしまったようで 実はあなたのそばにいる かたちはさまざま 人が人を想う温かさに触れたら きっとあなたも 大事な誰かがもっと愛おしくなるかもしれません
会場:スペース・イサン
グラス・マーケッツ朗読公演「埋葬屋の眠り」
グラス・マーケッツ朗読公演「埋葬屋の眠り」
2016年10月15日~2016年10月16日開催  2016:10:15:11:05:42
朗読=佐野真希子・末冨喜子・河村聡子・伴野由季 脚本=池田長十 演出=佐野真希子 音楽=原澤孝之 フルート=牧優子 制作協力=モノクル 兼田匠・辻明子・長岡孝美・洋恵 ***************** 埋葬屋が目にした三つの夜。 アナという女性の失踪と、 その婚約者である男の死。 そして――死体が生き返ったいう妙な噂。 埋められたはずの亡骸が生き返った? そんな馬鹿な。夜の底を掘り起こす埋葬屋
会場:日本写真印刷株式会社 本館
百物語の館~鬼在リノ月~
百物語の館~鬼在リノ月~
2016年10月 5日~2016年10月 5日開催  2016:10:05:21:58:43
「百物語の館」は古典怪談の朗読公演を行う一座、またはそのイベント名である。大学や出版に携わる怪談文芸の専門家たちによる研究に基づいた説話・伝説を、現代に親しみやすい形で演じる。今回の「鬼在リノ月」では鬼(妖怪・怪異・鬼女)の話も用意されており、はじめての方も分かりやすいように、ゲストを招いた解説つき。怖くも美しい日本怪談文芸の魅力を、ぜひ堪能あれ。
会場:京都市北文化会館